読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 購入本 | m a i n | 図書館本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
重力ピエロ/伊坂幸太郎
重力ピエロ重力ピエロ
伊坂 幸太郎

新潮社 2006-06
売り上げランキング : 159
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書期間:2006/7/18〜2006/7/21

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、加地を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは。

久しぶりに新刊を買って読みました。この手触りの気持ち良いこと。新潮文庫の手触りは好きです。
兄と弟、そして父の話。母はもう亡くなっている。弟が最近起きている連続放火事件の前に近くで落書きが見つかると言い出した。弟は落書きを消す仕事をしている。その落書きを消していたら気付いたと兄に話を持ち出し、兄も事件の解明をしようと動く。兄は遺伝子を扱う会社に勤務していて、落書きの法則について遺伝子が関連していることに気付く・・・。

この話ははっきり言って、事件の真相を考える為のものではありません。他の方のいくつかの感想を読ませていただきましたが、皆さん途中で分かったと。私も例外ではありません。でもその奥底にある家族の絆を読んでいく作品です。半分しか血の繋がっていない兄弟、血が全く繋がっていない父子。でもこの親子(母親も含めて)は本当に強い絆で結ばれているのだと思った。最後は本当に涙が出そうになった。春のノートの真相にも感動した。

ピエロは重力に逆らっている、深刻なことは陽気に伝えるべきだとかもうその本の中の言葉が素晴らしい。

犯罪に良いも悪いもないけれど、やっぱり全く反省していないのは許せない。最後はあれでよかったのかなとも思ってしまった。

また「オーデュボンの祈り」のあの人が出てた。恐らく「ラッシュライフ」の人も出ているだろう。まだ見ていないので、誰だか分かりませんが・・・。伊坂作品は順番に読んでいった方が、より楽しめそうだ。今まで読んだ作品も好きでしたが、この作品も大好きです。伊坂作品、もっともっと読もうと思います。文庫化されるまで待つか、単行本を読むかは迷う所ですが・・・。
| あ行(伊坂幸太郎) | 18:50 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 18:50 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
「重力ピエロ」伊坂幸太郎/著
 「重力ピエロ」伊坂幸太郎/著読みました。  デビュー作の「オーデュボンの祈り」に登場したキャラクターもちょこちょこ登場しています。  伊坂幸太郎作品では、これ程主人公に近い立場の者が直接的に手を下すことは珍しいのではないか。  多くの作品では、不条
| スチャラカランナーの日々 | 2006/07/23 6:59 PM |
「重力ピエロ」伊坂幸太郎
重力ピエロ発売元: 新潮社価格: ¥ 1,575発売日: 2003/04売上ランキング: 5,412おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/02/09 どうでもいいことなんですが、 これは図書館の端末で調べたらずっと「在庫」だったはずが 私が目を皿のようにして「い」の欄を
| 本を読む女。改訂版 | 2006/07/24 1:30 AM |
伊坂幸太郎【重力ピエロ】
仙台の某書店で伊坂幸太郎氏を見かけたことがある。 私は文庫本を物色しながら、ちらりと隣の客を見て、「どこかで見たような顔」と思ったけど、そのときは思い出せなくて。 あとから思い出した。 あの人、伊坂幸太
| ぱんどら日記 | 2006/07/27 4:21 PM |
妄想キャスティング――伊坂幸太郎【重力ピエロ】
【重力ピエロ】文庫化記念。 伊坂幸太郎5回目の直木賞ノミネート記念。 ダブル記念の妄想キャスティング。 遺伝子を扱う会社につとめている「泉水」(いずみ)には、小出恵介。 その弟の「春」には、
| ぱんどら日記 | 2006/07/27 4:27 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。