読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 5月読了本 | m a i n | 理由/宮部みゆき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
動機/横山秀夫
動機動機
横山 秀夫

文藝春秋 2002-11
売り上げランキング : 3980
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書期間:2006/6/3〜2006/6/4

署内で一括保管をした30冊の警察手帳が紛失した。それを提案した貝瀬が犯人を探し出す「動機」
内部犯行であれば、犯行可能な人物がたくさんいる。それでは動機は何なのか。警察手帳一括保管の案に反対する刑事課の嫌がらせなのか、それともまた別の何かがあるのか・・・。動機を探ることで犯人を探し出す。この警察管内での裏事情も含め、前回の「陰の季節」と同様の趣旨の話は面白かった。

女子高生殺しの前科を持つ男が、匿名の殺人依頼電話に苦労する「逆転の夏」
これは4つの短編の中で1番面白かった。ドキドキ感がたまらない。同情的な理由で女子高生を殺害してしまい、10年の刑務所暮らしを経て、立ち直ろうとする山本だが、失ったものが大きかった。妻や会った事も名前も知らない自分の子供に対してお金を送ることが楽しみであり、生きがいを感じていた。その中、匿名の殺人依頼の不審な電話がかかってくる。最後はもうタイトル通りだなって思ったほどでした。ああそういうことかと思った。しかし、人を殺したのは事実だが、この主人公山本には同情的に見てしまった。

その他、男社会の中、女であることに差別されていることに憤りを感じながら生きている新聞記者を描いた「ネタ元」、公判中に居眠りをしてしまい責任を問われる裁判官を描いた「密室の人」の合わせて4作品が収録されている。

どの話でも当たり前のように出てくる不倫。これが当たり前の社会なのだろうか。何だか私には信じられません。
| や行(横山秀夫) | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:21 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/74
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。