読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 蜂蜜色の瞳-おいしいコーヒーのいれ方 Second Season I-/村上由佳 | m a i n | 夏が僕を抱く/豊島ミホ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
女中譚/中島京子
評価:
中島 京子
朝日新聞出版
¥ 1,470
(2009-08-07)
Amazonランキング: 70321位

JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/9/24〜2009/9/26

[朝日新聞出版HPより]
昭和初期の林芙美子、吉屋信子、永井荷風による女中小説があの『FUTON』の気鋭作家によって現代に甦る。失業男とカフェメイドの悪だくみ、麹町の洋館で独逸帰りのお嬢様につかえる女中、麻布の変人文士先生をお世話しながら舞踏練習所に通った踊り子……。レトロでリアルな時代風俗を背景に、うらぶれた老婆が女中奉公のウラオモテを懐かしく物語る連作小説集。
一度、『FUTON』を読んでみたいなと思っていたところで、出たこの作品だったので、手にとってみました。各章の最後には「A tribute to〜」とありました。「ヒモの手紙」が林芙美子『女中の手紙』、「すみの話」が吉屋信子『たまの話』、「文士のはなし」が永井荷風『女中の話』が元になっていたようです。どれも読んだことなかったが、楽しむことができました。

秋葉原のメイド喫茶に90歳を超えているであろう老女すみがやってくる。「いつもの」と注文を頼んでは、隣に座っている人に女中の頃の話をするという。メイド喫茶に来る老女という設定が、現代的だけどミスマッチで面白い。

「ヒモの手紙」
新宿で女給をしていたときに出会った信作。その男は千代という女を騙していた。千代からお金をだまし取ろうと手紙を書いていた信作の代わりに、手紙を書くことになった。

「すみの話」
伊牟田家には独逸帰りのお嬢様萬里子様に仕えていた。萬里子さまには以前たまという女中が仕えていた。そのたまのことを思い出しながら、すみのことは気に入らないと言っていた萬里子お嬢様。

「文士のはなし」
麻布の文士の先生の女中をしていた頃、この先生は夜出かけて朝帰ってくる。暇なので、夜は舞踏の練習に行くようになった。
| な行(その他の作家) | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:52 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/630
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。