読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 龍神の雨/道尾秀介 | m a i n | 刻まれない明日/三崎亜記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
きのうの神さま/西川美和
評価:
西川 美和
ポプラ社
¥ 1,470
(2009-04)
Amazonランキング: 38454位

JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/9/14〜2009/9/16

[ポプラ社HPより]
『ゆれる』の映画監督が、“真実と嘘の境界”をテーマに人間の本性を炙りだした短篇小説集。映画『ディア・ドクター』から生まれた、もうひとつの物語。
『ゆれる』を読みたいなと思いつつ、読めずにいたため、西川美和さんの作品は初読みでした。映画監督ということで、視覚的要素が強い作品だなと思いました。映画「ディア・ドクター」も是非とも観てみたいです。

僻地の医療が題材になっている短編が多く、新任医師の目線はまさに自分の目線と同じような感覚でした。「ディア・ドクター」と「のみの階段」が印象的でした。「のみの階段」はラスト少し怖かったですが・・・。

「1983年のほたる」
塾にバスで通う小学生の私は、帰りは最終バス。その最終バスに乗る時はいつも運転手が一之瀬さんだった。その一之瀬さんに「りつ子」さんだろと話しかけられた。そしてその直後シゲちゃんがバスに轢かれた。

「ありの行列」
離島にある診療所に代診として頼まれた若い医師。老医師の後について行くと、たくさんの人に声をかけられそこで問診が始まる。島の医療とはこういうものなのだ。

「ノミの愛情」
小児心臓外科医を夫に持つ元看護士の主婦。今では家にこもり、家事と子供の世話をする毎日。幸せとは何か愛情とは何かを考えながら螺旋階段を磨き上げる日々。

「ディア・ドクター」
父親がゴルフ場で脳梗塞のため倒れた。外科医だった父親。そしてその外科医である父親に憧れ、医者になることを夢見た兄。兄は医者に慣れずに遠く離れた場所へ去ってしまった。病院で治療中の父を待ちながら子供の頃を考える。

「満月の代弁者」
僻地の診療所で新任医師に引き継ぎをすることになった。新任医師はベテランだが、研究所に勤めていたため現場の医療は未経験。引き継ぎに時間をかけながら、人々からは「やっと慣れてきたのに」と言われ、別れを惜しまれていた。
| な行(その他の作家) | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/625
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。