読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 僕僕先生/二木英之 | m a i n | きのうの神さま/西川美和 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
龍神の雨/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
新潮社
¥ 1,680
(2009-05)
Amazonランキング: 12588位

JUGEMテーマ:読書



読書期間:2009/9/9〜2009/9/13

[新潮社HPより]
降りしきる雨よ、願わくば、僕らの罪のすべてを洗い流してくれ――。
すべては雨のせいだった。雨がすべてを狂わせた。血のつながらない親と暮らす二組の兄弟は、それぞれに悩みを抱え、死の疑惑と戦っていた。些細な勘違いと思い込みが、新たな悪意を引き寄せ、二組の兄弟を交錯させる。両親の死の真実はどこに? すべての疑念と罪を呑み込んで、いま未曾有の台風が訪れる。慟哭と贖罪の最新長編。


19歳の連は酒屋で働きながら、中学3年の妹、楓と一緒に暮らしている。連たちの母親は再婚した直後に、交通事故で亡くなり、血の繋がらない母親の再婚相手と一緒に暮らしていた。その養父は母親の死後働かず、部屋に閉じこもって寝てばかりいた。

一方、中2の辰也と小5の圭介は心臓が悪かった母親を亡くした後、父親が再婚したが、その父親も癌で亡くなり、血の繋がらない継母と一緒に暮らしている。辰也は自分の母親を殺したのは継母だと思っており、継母には迷惑になることばかりしていた。圭介は自分の母親は自分のせいで死んだと思って、一人思い悩んでいた。

この2組の兄弟が交錯し、悲しい現実が起こる。圭介と同じように辰也を疑って読んだし、連たち兄弟と同じように養父を疑っていた。その全てが明るみに出た時、やられた!と思った。さすがは道尾さん。今回もまんまと騙された。些細な勘違い、1回思い込んでしまったら、人間というのはそのことでしか考えられなくなってしまうのだろう。真実が分かった上で読むと全然違う読み方ができた。

家族とは血の繋がりではない。ラストは涙が出そうでした。とても哀しい物語でした。
| ま行(道尾秀介) | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:30 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/624
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。