読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 強運の持ち主/瀬尾まいこ | m a i n | 2009年8月読了本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン/小路幸也
評価:
小路 幸也
集英社
¥ 1,575
(2009-04)
Amazonランキング: 95038位

JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/8/24〜2009/8/29

[集英社HPより]
東京バンドワゴン、感動の番外編!
おなじみの幽霊おばあちゃん・サチの娘時代を終戦直後の東京を舞台に描く感動長編。国家の未来に関わる重要文書を託され身を追われるサチが堀田家に出会い、強く優しい仲間達に守られて奮闘する!
終戦直後の東京。国家の未来に関わる重要な箱を託された子爵の令嬢・咲智子。咲智子はGHQから追われる身になった。その現場を出くわした勘一は助け、自分の家、東京バンドワゴンで匿うことにした。勘一の父親、堀田草平は咲智子の父親と学生時代の友人だった。こうして、咲智子は勘一の嫁と偽装して、東京バンドワゴンで暮らすことになった。

東京バンドワゴンでは勘一を始め、たくさんの人たちがいた。勘一の両親の草平と美禰、戦災孤児のかずみ、貿易商のジョー、元陸軍情報部の十郎、シンガーのマリア。みんなで、咲智子を守り、そして行方不明になった咲智子の両親を探すことにした。

東京バンドワゴンシリーズの番外編。本編では幽霊となってしまったサチの過去、勘一との出会いが描かれています。政財界の大物の孫である勘一と子爵の令嬢のサチ。東京バンドワゴンは元々、すごい家の人たちだったんですね。庶民の家だなんて大間違い!堀田家は昔からにぎやかで楽しい家だったのだなと思いました。そして、我南人の口調の由来も知ることができた。ますます、本編が読みたくなり、今までのも読み返したくなりました。

偽装の夫婦から本物の夫婦になる二人。このあたりの淡い恋物語も素敵でした。愛に溢れていて、感動しました。
| さ行(小路幸也) | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:33 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/620
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。