読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< ラスト・イニング/あさのあつこ | m a i n | 町長選挙/奥田英朗 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鬼の跫音/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
角川グループパブリッシング
¥ 1,470
(2009-01-31)
Amazonランキング: 16270位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/4/18〜2009/4/19

[角川書店HPより]
鈴虫だけが知っている、過去の完全犯罪。蝶に導かれて赴いた村で起きた猟奇殺人事件。いま最も注目を集める新鋭・道尾秀介が満を持して送り出す、初の連作短編集!
道尾さん初の短編集。6編が収録されている。ミステリーというかホラーに近いような気がする。いつもの道尾さんの作品と同じ作風ではあった。どの短編でも出てくるSという人物とカラス、それがまた出てくると恐ろしく感じる。ホラー嫌いな私には、最後はゾッとする話が多かった。驚きというよりかはゾッとすることの方が多かったかな。

「鈴虫」
私と杏子とSは大学時代の同級生。当時、杏子とSは付き合っていた。しかし、現在、杏子は私の妻だ。私の犯罪を知っているのは、あの時いた鈴虫だけだた。

「ケモノ」
家族4人の中で、僕だけが出来そこないだった。あるとき、椅子の足の裏側にメッセージを見つけた。そのメッセージを書いたSが関わった事件を調べ、その土地へ行こうと決意する。

「よいぎつね」
逃げるようにして出た街に取材として二十年ぶりに戻ってきた。当時、高校生だった私は度胸試しとしていろいろな悪事を働かせていた。その首謀者はSだった。当時の私が働いた悪事とは。

「箱詰めの文字」
自分の家に泥棒に入ったと青年が謝りにきた。その盗んだものというのは招き猫の貯金箱。押し入れに入っていたというが、私には見覚えがないものだった。その招き猫の中には1枚の紙が入っていた。

「冬の鬼」
神社へ達磨を持って行った。火事で何もかも失った私はSに助けられた。私の願いは叶ったのだ。

「悪意の顔」
僕はSからいじめられていた。女の人に声をかけられ「うちに来れば、助けてあげる」と言われた。僕は女の人の家に行った。

「冬の鬼」は日記形式となっており、日付が遡っていく。過去の出来事なのに、ラストには驚きがある。しかし、そのラストを知った上で、今度は日付順に読んでいっても、また違った面白さがある。ラストに1番衝撃があったのは「よいぎつね」だった。
| ま行(道尾秀介) | 23:54 | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |
TBがカラスの親指に届いていました。
ご確認用にTB返させていただきました。
ご確認後は、お邪魔でしたら削除されてくださいね。

正しい記事をこちらからTBさせていただきました。
お手数ですが、再送付をお願いいたします。
| 藍色 | 2009/05/09 12:33 AM |
>藍色さん
失礼いたしました。
再度TBしました。
| Yuki | 2009/05/14 12:35 AM |









トラックバック機能は終了しました。
カラスの親指By rule of CROW’s thumb道尾秀介
過去にヤミ金と関わり家族を失った武沢は、似た境遇の入川と組む詐欺師です。 二人が出会ったスリの少女まひろは、後日、口約束通り家賃滞納...
| 粋な提案 | 2009/05/09 12:24 AM |
鬼の跫音 道尾秀介
心の中に生まれた鬼が、私を追いかけてくる。―もう絶対に逃げ切れないところまで。 一篇ごとに繰り返される驚愕、そして震撼。 ミステリと...
| 粋な提案 | 2009/05/09 12:26 AM |
鬼の跫音(あしおと) 〔道尾 秀介〕
鬼の跫音道尾 秀介角川グループパブリッシング 2009-01-31売り上げランキング : 1874おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 心の中に生まれた鬼が、私を追いかけてくる。―もう絶対に逃げ切れないところまで。 一篇ごとに繰り返される驚愕、そして
| まったり読書日記 | 2009/05/09 9:33 AM |
「鬼の跫音」道尾秀介
鬼の跫音(2009/01/31)道尾 秀介商品詳細を見る 「鈴虫」「ケモノ」「よいぎつね」「箱詰めの文字」「冬の鬼」「悪意の顔」の六編を収録した短編...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/05/09 9:39 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。