読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< ガリレオの苦悩/東野圭吾 | m a i n | 残される者たちへ/小路幸也 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
魔王/伊坂幸太郎
評価:
伊坂 幸太郎
講談社
¥ 650
(2008-09-12)
Amazonランキング: 803位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/4/5〜2009/4/8

[文庫裏表紙より]
会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。
「魔王」では、相手を見ながら念じれば自分が思ったことを相手に言わせることができるという不思議な能力を持つ安藤が主人公。世の中は若い政治家犬養が出てきて、国民がみんな犬養を支持し始めていた。独裁者のような雰囲気を持つ犬養。このままでいいのだろうか。「考えろ、考えろ」と、何でも考えすぎてしまう安藤は、考えた結果、一人で犬養に立ち向かおうとする。

「考えろ、考えろ、マクガイバー」というセリフが心に残っている。何でも考える安藤。頭がよく考えるのはいいけれども、何でも考えすぎてしまうところがありちょっと神経質。政治的要素がたくさんある話で、何となくこの安藤に危険が迫っている感じがした。千葉が出てきたときはまさかとは思っていたものの、ラストは切なかった。

「呼吸」は「魔王」から5年後。安藤の弟潤也と妻の詩織の話。詩織が語り手となっている。潤也にも不思議な力があり、直感力が優れていた。競馬も当てることができる。世の中は犬養は総理大臣になっていた。国民投票で憲法改正についての投票が行われていた。

5年前からテレビを見なくなった潤也夫妻。世の中のことをあまり知らない。一種の抵抗と考えてもいいだろう。ここで明らかになると思っていた、犬養の側近の謎についても分からないまま終わってしまった。また、潤也は特に行動を起こさなかった。しかし、何かをするためなのかお金を貯めていた。とても気になる。直接的な続編ではないらしいが、『モダンタイムス』を読むのが楽しみになった。
| あ行(伊坂幸太郎) | 23:41 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/572
魔王、伊坂幸太郎
装幀は松田行正。小説現代特別編集「エソラ」2004年12月・第一号、 2005年7月・第二号掲載。表題作と「呼吸」からなる連作中編...
| 粋な提案 | 2009/05/02 11:56 PM |
「魔王」伊坂幸太郎
魔王(2005/10/20)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 「魔王」と「呼吸」の姉妹篇二作を収録。 「魔王」 子供の頃に両親を交通事故で亡くし、安藤は弟...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/05/03 5:04 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。