読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 猫を抱いて象と泳ぐ/小川洋子 | m a i n | オリンピックの身代金/奥田英朗 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ハブテトル ハブテトラン/中島京子
評価:
中島 京子
ポプラ社
¥ 1,470
(2008-12)
Amazonランキング: 52090位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/3/8

[ポプラ社HPより]
登校拒否になった小3の大輔は、母の故郷・広島県の松永に転校。穏やかな瀬戸内海の町と人に出会い、元気を取り戻した大輔の胸にある思いがわきあがってくる!
東京で学級委員をやっていた大輔は、学級崩壊したクラスで、教師からは「なんとかしろ」と言われ、クラスメイトからは「いい気になるな」と言われ、心が折れてしまう。学校に行かなくなった。2学期は広島の松永にいるおばあちゃんのところで暮らそうと両親に言われ、夏休み中に一人で松永まで行くことにした。

東京で登校拒否になった男の子が、田舎で暮らし、人々と接することで心を取り戻していく、再生の物語。と言っていいのか、この主人公の大輔は、登校拒否にはなったが性格は明るく、すぐに友達ができて楽しんでいた様子がとても良かった。ウメちゃん、マテオ、ノブミツという友達もでき、オザヒロという女の子からも好意を持たれた。プリントップとかゲタリンピックとか、訳が分からないカタカナ用語もたくさん出てくる。表題の「ハブテトル」は「すねている、むくれている」という意味。「ハブテトラン」はその否定形。「ハブテトル」「ハブテトラン」という会話がなんともいい味出していた。

大輔と一緒に学級委員をやっていて、自分がフォローできずに転校してしまったサノタマミのことが気になっていた。サノタマミは今治に転校していた。その今治が松永から近い距離にあることを知って、一言謝りたいと思い、彼女に会いに行く。その旅のよう様子も面白く描かれていた。

大輔のおばあちゃんの幼馴染のハセガワさん。この人は方言が強く何を言っているか正直分からない。この破天荒なハセガワさんがまた良いキャラだった。テーマは重いけども、田舎の明るい暮らしが、とても読みやすくさせている。

しかし、学級崩壊を、学級委員に「なんとかしろ」と言う教師なんているのか?いるとしたら、日本の学校養育は終わりだなと思った。
| な行(その他の作家) | 21:04 | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - |
Yukiさん、こんばんは♪
この作品結構爽やかですよね。
良心の態度や東京の教師やらでちょっと賛否両論あるみたいですが、私はかなり楽しめました。
中島さんはコンプリート目指して頑張ってます(笑)
| トラキチ | 2009/04/08 7:15 PM |
>トラキチさん
こんばんは。
爽やかでよかったですね。
私も夏にのんびりとしてみたいと思いました。
中島さんはまだ2作しか読んでいないので、もし他にオススメあったら終えて下さい。
| Yuki | 2009/04/11 12:18 AM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/552
「ハブテトルハブテトラン」中島京子
ハブテトル ハブテトラン 中島 京子 JUGEMテーマ:読書 登校拒否になった大輔は、母の故郷・広島県の松永に転校。穏やかな瀬戸内海の町と人に出会い、元気を取り戻した大輔の胸にある思いがわきあがってくる。広島県・松永を舞台に、はずむような備後弁で綴られ
| ナナメモ | 2009/03/21 10:06 PM |
「ハブテトル ハブテトラン」中島京子
ハブテトル ハブテトラン(2008/12)中島 京子商品詳細を見る ぼくの行っている東京の学校の五年三組は、先生が授業をしようと思っても、泣いたり...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/03/21 10:12 PM |
ハブテトルハブテトラン 中島京子
広島県・松永を舞台に、はずむような備後弁でつづられた物語。 小学五年生のダイスケはトラブルで、母の実家広島に二学期だけ転校します。 ...
| 粋な提案 | 2009/03/22 1:23 AM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。