読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館本09--05 | m a i n | 光/三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ちょいな人々/荻原浩
評価:
荻原 浩
文藝春秋
¥ 1,600
(2008-10)
Amazonランキング: 10553位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/1/31〜2009/2/1

[文藝春秋HPより]
隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話
「カジュアル・フライデー」に翻弄される製紙会社課長の悲喜こもごもを描いたのが表題作。「ガーデンウォーズ」では庭木とペットを巡る隣同士の死闘を、「犬猫語完全翻訳機」「正直メール」では奇矯な発明で世の中を混乱させるおもちゃ会社、そして、「くたばれ、タイガース」ではタイガースファンがプロポーズに行くと、彼女の父はジャイアンツファンだった……。その他にも破壊力あるコメディが次々に飛び出す、超強力短篇集。

いまどきの若い女の子に少し本気になる男、自分の大切な庭をめぐって喧嘩をする隣人同士、脱サラして占い師になった男、いじめっ子に直接復習をするいじめ相談員、現実的に有り得そうだが、ちょっと痛い人たち。笑えるが皮肉のこもった短編集でした。

後半の「犬猫語完全翻訳機」「正直メール」はそれほど現実的ではないけれども、ちょっと怖い。私は犬の言葉を知りたいとは思わないな。知りたい気持ちがないとは言わないが、知らなくていいことまで知ってしまうのが怖い。メールもそう。私は面倒くさがりなので・・・(汗)メールの返信をすぐにすることも余りないし、気持ちが伝わってしまうのはかなり恐ろしい。別に嫌々メールを打っているわけではないけれども。

最初はちょっと痛い短編集だなとは思っていたが、後半になるにつれちょっとうるっと来る話もありました。そういう意味では「正直メール」が良かったです。

「ちょいな人々」
社長の決定で始まったカジュアルフライデー。新入社員の若い女の子にちょっと褒められ、おしゃれを気にするようになった40代の課長。

「ガーデンウォーズ」
本を見ながら庭を手入れする初心者の主婦と庭の手入れと俳句を趣味とする老人のそれぞれの庭をめぐった戦い。

「占い師の悪運」
授業料が安いという理由で占い師養成学校に入り、占いを始めた。独立したはいいが、客はなかなか来ない。サラリーマン時代を思い出し、心機一転した占いとは。

「いじめ電話相談室」
「自殺する」という電話を受けて、何とかしようと直接いじめっ子に復讐をした。すると、自分を指名する相談電話が多くなった。すると、今度は自分の環境が変わり始めた。

「犬猫語完全翻訳機」
犬や猫が着たボディスーツの形をした翻訳機「ワンニャンボイス」。体からメッセージを読み取ることができるという。使った人たちの声が届いた。

「正直メール」
「ワンニャンボイス」の失敗から学び、今度は声で文字が打てるという携帯を発明した。しかもその声から感情を読み取って、漢字を変換してくれるという。使った人たちの反応は。

「くたばれ、タイガース」
彼は熱狂的な阪神ファン。その彼を父親に紹介する。父親は熱狂的な巨人ファンだった。阪神ファンと巨人ファン。果たして相性は合うのだろうか。
| あ行(荻原浩) | 23:26 | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |
TBさせていただきました。

「正直メール」便利そうな機能にみえて…。
読んでる途中で、あ、いらないって思いました。
| 藍色 | 2009/02/13 4:08 AM |
>藍色さん
「正直メール」は手が使えないときなどは便利かもしれないですが
気持ちが入るのはダメですね。
本当に言葉だけを読み取ってくれるなら便利かもしれないですけどね。
| Yuki | 2009/02/15 10:39 PM |









トラックバック機能は終了しました。
「ちょいな人々」荻原浩
ちょいな人々 荻原 浩 JUGEMテーマ:読書 隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話。 図書館の返却期限ギリギリで慌てて読んだのも原因かもしれないけど、荻原さんのこの
| ナナメモ | 2009/02/12 10:08 PM |
ちょいな人々 荻原浩
イラストは益田ミリ。装幀は野中深雪。初出「オール讀物」。短編集。 いずれも不器用な人たちが織り成す、勘違いや争いなどを軽妙に描きます...
| 粋な提案 | 2009/02/13 4:01 AM |
ちょいな人々
JUGEMテーマ:読書 隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話 「カジュアル・フライデー」に翻弄される製紙会社課長の悲喜こもごもを描いたのが表題作。「ガーデンウォーズ」
| ぼちぼち | 2009/02/15 10:02 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。