読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 告白/湊かなえ | m a i n | 儚い羊たちの祝宴/米澤穂信 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
天使のナイフ/薬丸岳
評価:
薬丸 岳
講談社
¥ 700
(2008-08-12)
Amazonランキング: 4531位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/1/16〜2009/1/18

[文庫裏表紙より]
生後五ヵ月の娘の目の前で妻は殺された。だが、犯行に及んだ三人は、十三歳の少年だったため、罪に問われることはなかった。四年後、犯人の一人が殺され、檜山貴志は疑惑の人となる。「殺してやりたかった。でも俺は殺していない」。裁かれなかった真実と必死に向き合う男を描いた、第51回江戸川乱歩賞受賞作。
実は薬丸岳さんという作家さんを初めて知りました・・・(汗)。こんなに読みごたえのある素晴らしい作品を書かれていたとは。

桧山は4年前に妻を亡くして、4歳のなる娘と3人暮らし。毎日、娘を保育園に預けてから、店長を務めているコーヒーショップへ向かう。ある日、その店に見慣れた刑事がやってきた。近くの公園で殺人があったという。殺されたのは沢村和也。4年前に、妻を殺した犯人の一人だった。

当時、犯行に及んだ3人は13歳の未成年だった。少年法によって罪に問われることにない少年たち。桧山はテレビに向かって、彼らを「殺してやりたい」と発言してしまった。そこで起きた、桧山の勤務先に近い場所での殺人。桧山はアリバイを聞かれ、疑われることになった。桧山は自分が疑われていること、そして4年もの間、罪に問われなかった少年たちがどのように暮らしてきたか調べることにした。

少年法というものの問題点。少年犯罪が多発する中で、よくテレビ等で報じられてきていましたが、この作品を読むことによって、さらに詳しく知ることができた。被害者側にも少年たちの名前や顔すら知ることができなかった。その後の改正により、被告人の情報を閲覧できる権利が与えられた。しかし、被害者側にはやりきれないことは変わらない。少年たちを公正する施設も、事件のことは触れずに少年たちを守るように育てる。その事実を知った被害者側の桧山の気持ちも痛いほど分かった。しかし、この殺されてしまった少年Bやネタバレになってしまうので詳しくは書けないが、その後の少年たちの行動を見ると、それでも贖罪をしようとする心を持つようになっていたのが分かる。全く救いがないというわけではなかった。そこが少しホッとした。やはり、復讐に復讐を重ねては何も生まれない。それを強く思った。この作品の前が湊かなえさんの『告白』を読んでいたので、更に強く思えた。

ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。意外な人物、そして意外な事実に驚いた。舞台が埼玉ということもあり、土地勘もあったので、確かに少年たちの住んでいる場所と犯行場所については疑問があった。自分が把握している場所が違うのかと、何度も読み返してしまったのも事実。最後まで読むと、なるほどと納得できた。

薬丸さんは本作品がデビュー作だそうです。その後の作品もぜひ読んでみたいと思いました。
| や行(その他の作家) | 00:08 | comments(5) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 00:08 | - | - |
 うーん、TBがうまく飛びません。
 他の作品もオススメです。といってもこれも含めてまだ三冊しかないですけど。
 いろんな雑誌にちょこちょこ短編書いてるんで、次に出るのは短編集では?と思ってますが。
| higeru | 2009/01/31 10:56 PM |
>higeruさん
こちらはうまくTB飛びました。
他の作品も内容的にまた面白そうな内容ですよね。
是非とも読んでみたいと思っています。
なかなかスローペースな作家さんのようですね^^;
| Yuki | 2009/02/01 10:30 PM |
最近の乱歩賞作品は質が落ちていると噂に聞いていたので、ずっと読んでいなかった本だったのですが、これは読んでよかったです〜!

ミステリとしても傑作だと思いますが、少年法の問題点について加害者側・被害者側のどちらにより過ぎることなく中立な視点で読めたのがとてもよかったです。Yukiさんと同じく私も『告白』を読んだ後にこの本を読みましたので。(笑)読書でこういう問題について考えさせられるっていいですよね♪
| 板栗香 | 2009/02/04 9:50 AM |
初めまして。
初の訪問ですが、本日同じ薬丸岳さんで「虚夢」を読み終えました。
私も今まで未読、こんなに面白く深くしっかりした話を描く作家さんを何故見落としていたんだろう…と思っていたところです。
本の帯にこの本が書かれており、読もう、と思ったらレビューを見つけました。
それだけなのですが、偶然だな、と思って。
たまにくるかもしれませんので、ご挨拶まで。
| honeybeeeee | 2009/02/07 11:39 PM |
>板栗香さん
私は本当にいろんな人のブログや感想を参考にしています。
面白そうだなと思って、読んでみたら大当たり!
テレビを見て考えても、一瞬で終わってしまうのですが
本は何日もかけて読むので、長い間考えていられるから
より心に残ると思います。

>honeybeeeeeさん
初めまして。
「虚夢」も良い作品のようですね。
私も他の作品を読むのを楽しみにしています。
「天使のナイフ」もとても面白く、考えさせられる内容なので
是非とも読んでみてください。
コメント有難うございます!
| Yuki | 2009/02/09 1:22 AM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/526
「天使のナイフ」薬丸岳
天使のナイフ(2005/08)薬丸 岳商品詳細を見る 桧山に来客があったのは、埼玉県警の三枝利幸と若い長岡刑事だった。久しぶりに会った三枝は桧山...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/01/29 6:33 PM |
天使のナイフ〔薬丸岳〕
2005年に読んだ本です。 第51回江戸川乱歩賞受賞作です。 天使のナイフ薬丸 岳講談社 2005-08売り上げランキング : 118915おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 殺してやりたかった。 でも殺したのは俺じゃない。 妻を惨殺した少年たちが死んでいく。 こ
| まったり読書日記 | 2009/01/29 8:30 PM |
薬丸岳  天使のナイフ
生後五ヶ月の娘の目の前で妻は殺された。だが、犯行に及んだ3人は、13歳の少年だった為、罪に問われることはなかった。4年後、犯人の1人が殺され、被害者の夫である桧山貴志は疑惑の人となる。「殺してやりたかった。でも俺は殺していない」。裁かれなかった真実と必
| マロンカフェ 〜のんびり読書〜 | 2009/02/04 9:48 AM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。