読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< SP/金城一紀 | m a i n | 天才探偵sen 2 /大崎梢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
三月の招待状/角田光代
評価:
角田光代
集英社
¥ 1,470
(2008-09-04)
Amazonランキング: 35961位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/11/12〜2008/11/14

[集英社HPより]
新たな門出を祝う34歳の離婚式。
友人の風変りな離婚パーティで顔を合わせた5人の男と女。動揺、苛立ち、虚しさ、自分を取り戻そうとするのだが、揺れるこころが波紋をなげる。それぞれが見つける新たな出発を描いた長編小説。
学生時代から付き合っていて、何度か別れたが、3年前に結婚した正道と裕美子。2人は離婚するという。そこで離婚パーティーが行われた。学生時代の同級生、充留、麻美、宇田男が集まった。

正道は若い遥香と付き合い、裕美子は合コンに目覚めた。充留はノンフィクションを書きたいという夢を持つ毒舌ライターで8歳年下の恋人がいる。麻美は働いてすぐに結婚したが、子供ができなくて悩んでいた時期もあった。宇田男は大学時代に小説を出したが、今では覚えている人がいなく、今何をやっているのか不明な男。この5人んが正道と裕美子に離婚パーティーを境に変わっていく。

まだまだ学生時代のノリ、自分の思いを忘れないでいた。こういうの羨ましいなと思います。大学には行っていたけど、女子大だったからなのか、そういう大学っぽいノリなんてなかったし、卒業後はほとんど会うことがなくなってしまったので、まだまだ大人になりきれずにいる大人というのがちょっとだけ羨ましく思ってしまいました。でも彼らは変わっていきます。自分が自分なりの方法を見つけて、一歩前に踏み出そうとしていました。そういうところは良かったなと思いました。

しかし、宇田男は何考えているんだかという感じはしました。確かに今更だまされるというか妄想の世界に入ってしまう麻美も悪いのかもしれないが、そういうのを漬け込んでいるような感じがして、どうも好きになれなかったです。私は裕美子の意見に大賛成。だから充留も学生時代の思いを忘れないでいるのが不思議で仕方がなかったです。
| か行(角田光代) | 23:58 | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |
私も宇田男については裕美子の意見に賛成。
あれはあかん男ですよ。
宇田男、はじめ「ウザオ?すごい名前…」って思ってしまいました。
| ちきちき | 2008/11/20 9:44 PM |
ウザオですか(笑)
でも顔がすごく良いのなら、嵌ってしまうかもしれないなとも思います・・・。
| Yuki | 2008/11/21 12:05 AM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/485
三月の招待状 角田光代
三月の招待状(2008/09/04)角田光代商品詳細を見る 挿画・装幀は山口昌弘。初出「小説すばる」。 裕美子と正道の離婚パーティーに出席した充留は...
| 粋な提案 | 2008/11/20 2:56 AM |
「三月の招待状」角田光代
三月の招待状(2008/09/04)角田光代商品詳細を見る 充留のもとに、一通の招待状が届くところから物語は始まる。差出人は澤ノ井夫婦である。澤ノ井...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/11/20 6:31 PM |
三月の招待状
JUGEMテーマ:読書 新たな門出を祝う34歳の離婚式。 友人の風変りな離婚パーティで顔を合わせた5人の男と女。動揺、苛立ち、虚しさ、自分を取り戻そうとするのだが、揺れるこころが波紋をなげる。それぞれが見つける新たな出発を描いた長編小説。 集英社HPより
| ぼちぼち | 2008/11/20 9:45 PM |
「三月の招待状」角田光代
三月の招待状 角田光代 JUGEMテーマ:読書 大学でともに青春の日々をすごした5人の男女も34歳に。大学時代に付き合い始め、その頃から浮気を繰り返す夫・正道に振り回されて続けている妻・裕美子。ライターとして成功しつつある充留は8歳年下の重春と一緒に
| ナナメモ | 2008/11/20 10:28 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。