読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館本08--28 | m a i n | 図書館本08--29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
愛がいない部屋/石田衣良
評価:
石田 衣良
集英社
¥ 450
(2008-06)
Amazonランキング: 1889位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/9/4〜2008/9/6

[文庫裏表紙より]
誰もが憧れる高層マンション。そこに住む愛子は、幸せな結婚生活を送るはずだった。しかし、ある日「愛」は暴力に変わり―(表題作)。セックスレスの夫婦生活に疲れた、うらら。彼女はマッサージ店で働く15歳年下の青年に想いを寄せるようになる。だが、突然彼にホテルへ誘われて…(「指の楽園」)。切なくて苦しい恋に悩みながらも、前を向いて歩いていく女性の姿を描いた10のラブストーリー。
スローグッドバイ」「1ポンドの悲しみ」に続く、恋愛短編集。10代、30代の恋愛と年代別に描かれた短編集。今回は年代ではなく、場所を限定しての様々な恋愛模様が描かれていました。「メゾン・リベルデ神楽坂」に住む人たちの話です。決して、ハッピーエンドではない話ばかりです。ほとんどがこれからの話でした。

「空を分ける」
ルームシェアをすることになった男女。梨花はルームシェアをする男女にとって、言ってはならないことを言ってしまった。ちょっと哀しい結末です。

「いばらの城」
35歳独身女性が自分のマンションを買おうという話。恋人はいるのに、自分で何もかもしてしまわないと納得がいかない。

何となく自分もそんな感じになりそうで怖い・・・。

「ホームシアター」
息子はニートで外にも出ない。妻には息子に働くように言えと言われるが、自分も職場では大した仕事を任せられていない。そんな息子と自分は趣味がよく合う。これは感動してしまいまいた。趣味を通して、分かち合う父と息子。

こういう関係っていいような気がします。父親が息子の気持ちを分かってやれているのがよかった。

「落ち葉炊き」
7年前に夫を亡くした63歳の女性。ある日一人の男性と出会う。その男性も妻を亡くして独り身だった。二人は付き合うことに。

何歳になっても、女性は女性。素敵な関係だなと思いました。若い人から見れば、いい年して…と思うかもしれないけど、恋愛に年齢制限はないかと思います。

「指の楽園」夫とは既に愛のない生活。そんな女性にとって、楽しみなのは若い男の子がしてくれる、マッサージだった。

これは男女の関係にならなかったのでよかったなと。こういう関係もいいんじゃないかなと思います。それで癒しを求めるのもアリだと思うので。

「愛がいない部屋」
娘を送り出したあと、家にいたくないので、マンションの1階にあるカフェで過ごす女性。それを見ていた隣に住む女性。

夫のDVに苦しむ妻。これは泣けました。娘のために我慢するのではなく、娘のために独り立ちした方がいいこともあるのですね。前向きになれる話でした。
| あ行(石田衣良) | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。