読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館本08--24,25 | m a i n | 対話篇/金城一紀 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
やさしいため息/青山七恵
評価:
青山七恵
河出書房新社
¥ 1,260
(2008-05-16)
Amazonランキング: 48473位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/8/6〜2008/8/7

[河出書房新社HPより]
今日はどんな一日だった? 4年ぶりに再会した弟が綴るのは、嘘と事実が入り交じった私の観察日記。立ちこめる湯気の中、私は冷たい肌が温まっていくのを感じている……。『ひとり日和』で芥川賞を受賞した著者が描く、OLのや
さしい孤独
嫌いじゃないですね。毎日が同じことの繰り返しのまどか。会社でも特に仲が良い人がいなく、帰りに呑みに行くこともない。あるとき、4年ぶりに弟の風太に再会した。風太と一緒に暮らす中で、風太は毎日まどかの出来事を綴った日記を書く。見栄なのか、嘘をついて話すまどか。それを書きとめる風太。その中で、まどかに少し変化が訪れる。

毎日が同じことの繰り返し。それは通常の会社に勤める人はそうではないでしょうか。会社勤めの人ではなくても、毎日同じようなことをして過ごしている人は多いと思います。私ももちろんそのうちの一人で、なんとなく自分に置き換えてみてしまいました。私もblogで日記のようなことを書いているけど、やっぱり平日は書くことがなく、書かずじまいということが多い。何か自分でちょっと変えてみることで、それは大きく変わるのかもしれないですね。この風太のような人、結構好きです(笑)

また「松かさ拾い」も結構好きです。小説家の先生の事務所で秘書のような形でのんびりと働いている主人公。そこで出会った恋人。主人公の思いとは。最後が明るく良い方向になりそうな最後だったのがよかったです。
| あ行(その他の作家) | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:36 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/423
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。