読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< ザ・万歩計/万城目学 | m a i n | ブラック・ジャック・キッド/久保寺健彦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゆめつげ/畠中恵
評価:
畠中 恵
角川グループパブリッシング
¥ 580
(2008-04-25)
Amazonランキング: 2291位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/7/8〜2008/7/11

[文庫裏表紙より]
江戸は上野の小さな神社で神官を務める、のんびり屋の兄・弓月としっかり者の弟・信行。夢に入って過去や未来を見る「夢告」が得意な弓月だが、迷い猫を捜せば、とっくに死んで骨になった猫を見つけるという具合で、全く役に立たないしろもの。が、何を見込まれたか、大店の一人息子の行方を見てほしいという依頼が。礼金に目が眩み弟をお供に出かけたものの、事態は思わぬ方向に転がって…。大江戸・不思議・騒動記。
時は幕末。世が荒れた時代、上野の小さな神社で神官を務める弓月は血筋から、夢に入って過去や未来を見ることができる夢告ができた。しかし、それは全く役に立たないものだった。そんな弓月の元に、大店の火事で生き別れた一人息子を捜して欲しいと依頼が来る。しかし、行ってみると一人息子と名乗る候補が3人もいたのだ。夢告で誰が本当の大店の息子であるかを見極めるが、なかなか上手くいかない。そして、そんなとき、次々と殺人が起こる。この息子探しの裏には何があるのか。

しゃばけシリーズのような軽いミステリーなのかと思いきや、なかなか本格的なミステリーとなってしました。この事件の顛末が何なのか、先が気になって仕方ありませんでした。しかし、しゃばけの若旦那もそうだけど、なかなか頼りない主人公だなと思いました。弟の信行が兄を支えていました。

後半の弓月が夢告未来を見て、新しい世の中、神官がその後どうなっていくのかを見たとき、なんだかほっとしてしまいました。内容が重かっただけに、このラストは安心できてよかったなと思いました。
| は行(畠中恵) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。