読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館本08--18 | m a i n | 論理と感性は相反しない/山崎ナオコーラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
モーニング Mourning/小路幸也
評価:
小路 幸也
実業之日本社
¥ 1,680
(2008-03-19)
Amazonランキング: 51098位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/5/25〜2008/5/26

[実業之日本社HPより]
大学時代の親友である河東真吾の訃報に接した私。葬儀のため福岡に集まったのは、同じ大学でバンドを組み、四年間一つ屋根の下で共同生活を送った淳平、ヒトシ、ワリョウ。葬儀を終え、それぞれの家へ、仕事へ戻ろうとしたとき、今は俳優となった淳平が言った。「この車で一人で帰って、自殺する」。何故? しかもこんなタイミングで? 思いとどまらせるために、私たちは明日の仕事を放り投げ、レンタカーで一緒に東京まで向かう決意をする。「自殺の理由を思い出してくれたら、やめる」。淳平のその言葉に、二十数年前のあの日々へと遡行するロングドライブが始まった。それは同時に、懐しい思い出話だけでは終わらない、鍵をかけ心の奥底に沈めた出来事をも浮上させることになっていくが……。中年世代の青春小説。

大学時代の親友真吾の葬式の帰りに、突然「自殺する」と言い出した淳平。私は、ヒトシ、ワリョウとともに、一緒に車に乗って淳平の自殺を止めようとする。淳平は「自殺の理由が思い出したらやめる」という。大学時代4人で一緒に一つ屋根の下に暮らした5人の話で、車内は盛り上がる。それとともに辛い過去も思い出していた。

福岡からの車中で既に中年という域に達した男たち4人が、大学時代の話で盛り上がる。現在と20年前と行き来する。男5人で一つ屋根の下に暮らしている風景が、出てきました。5人で一緒にバンドしながら一緒に生活している風景は、とても楽しい4年間だったのだなと思えました。また、茜さんという一人の年上の女性が現れることによって、色々変わってくる。茜さんは5人の憧れの的だったが、1番モテる淳平の彼女となった。淳平の自殺の理由は、このとき事故で亡くなった茜さんにあるのだろうか。茜さんの妹の裕美子ちゃんと結婚した真吾の死によって、何か衝動的に自殺をしようという考えが起きたのだろうか。私、ヒトシ、ワリョウは淳平の自殺を止めようと必死に考える。

結末はなんだかあっけないようにも思えましたが、青春小説としてはとても楽しめる作品でした。男の友情ってやっぱりいいですよね。忙しくてなかなか会えなかったかつての友人たちが集まって、思い出話で盛り上がるのも何ともいえません。「モーニング」は朝と言う意味ではありません。正しくは「Mourning」。意味を知って納得しました。
| さ行(小路幸也) | 23:52 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - |
こんばんは。
なんだかご無沙汰してしまいましたm(__)m

この作品、ラストはあっけないといえばそうなんですが、こういう終わりもいいなあと思って読んでました。
>男の友情ってやっぱりいい

そうですよね。女子とはまた違う感じがします。
| ちきちき | 2008/06/05 9:36 PM |
>ちきちきさん

最初は謎解きのような感じでワクワク読んでいたのですが
男の友情である青春小説と言えば、とても爽やかな作品でした。
女子であるが故、男の友情に憧れます。
| Yuki | 2008/06/05 11:54 PM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/383
モーニング 小路幸也
装画は松原シホ。装丁は加藤岳。「J-novel」掲載。Mourning意味は喪・哀悼。 大学時代の仲間、真吾の葬儀後、自殺を口にした淳平は理由を当てた...
| 粋な提案 | 2008/06/04 1:09 AM |
「モーニング」小路幸也
モーニング Mourning(2008/03/19)小路 幸也商品詳細を見る 慎吾の葬儀が、終わった。涙が、溢れてきた。大声で泣きそうだった。生まれて初めてだ。...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/06/04 7:40 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。