読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< ナイチンゲールの沈黙/海堂尊 | m a i n | 相棒/五十嵐貴久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
MAMA/紅玉いづき
評価:
紅玉 いづき
メディアワークス
¥ 578
(2008-02-10)
Amazonランキング: 66708位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/5/17〜2008/5/18

[BOOKデータベースより]
海沿いの王国ガーダルシア。トトと呼ばれる少女は、確かな魔力を持つ魔術師の血筋サルバドールに生まれた。しかし、生まれつき魔術の才には恵まれなかった。ある日トトは、神殿の書庫の奥に迷い込んだ。扉の奥から呼ばれているようなそんな気がしたから。果たしてそこには、数百年前に封印されたという人喰いの魔物が眠っていた。トトは魔物の誘いにのった。魔物はその封印から解き放たれ、トトは片耳を失った。そして強い魔力を手に入れた―。これは、孤独な人喰いの魔物と、彼のママになろうとした少女の、儚くも愛しい歪んだ愛の物語。第13回電撃小説大賞“大賞”受賞『ミミズクと夜の王』の紅玉いづきが贈る、二つ目の“人喰い物語”。
ファンタジーは余り読まないのですが、紅玉いづきさんの作品は最初の作品を読んだのがきっかけで、新しい作品が出たら読みたくなります。

ガーダルシアには昔から魔力を持ったサルバドールという一族がいた。そのサルバドール家に生まれたトトは魔術の才能がなく、周りの人たちから落ちこぼれと呼ばれていた。トトはある日、神殿にある書庫に迷い込み、そこで数百年前に封印された人喰いの魔物を封印から解いてしまった。しかいその人喰い魔物はトトを喰らうことなく、トトとの主従関係を持つことを選んだ。こうしてトトは人喰い魔物をホーイチと名づけ、国で一番魔力の強いものを従う魔術師となった。両親や周りの人々から見放され独りぼっちになってしまったトト。トトにはホーイチしかいなくなってしまった。

ホーイチとトトの主従関係、親子に例えた二人の愛、そして、トトの前に現れたセグンという青年によって、トトとホーイチの関係が変わり始めた。この辺りのトトの決断、ホーイチの決断には涙してしまいました。

そして「MAMA」から十数年後「AND」という物語が始まる。ダミアンはガーダルシアの王城の王母と呼ばれる女性、ティーランの部屋で、耳飾りを盗み出した。ティーランに見つかったが、ティーランは本当の持ち主に返して欲しいと言う。耳飾りを手に入れてから見る夢。その耳飾りの持ち主であった、母子が出てきた。こうしてダミアンは孤児院から妹として一緒に抜け出したミレイニアを連れて、耳飾りの持ち主に会いに旅を始めた。

これでようやく「MAMA」が完結する。そしてその「MAMA」の物語に関わった人たちも幸せになっており、なんだかほっとする。この「AND」も孤独な2人の話。このラスト、そしてトト一家のその後の様子も垣間見ることが出来て、これで全てが終わったのだなと思えました。
| か行(その他の作家) | 00:31 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 00:31 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/376
「MAMA」紅玉いづき
MAMA (電撃文庫 こ 10-2)(2008/02/10)紅玉 いづき商品詳細を見る 「ミミズクと夜の王」で鮮烈なデビューを飾った紅玉いづきさん。待望の新作です。 ...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/05/21 11:49 AM |
「MAMA」紅玉いづき
MAMA (電撃文庫 こ 10-2) 紅玉 いづき JUGEMテーマ:読書 封印されていた人喰いの魔物と一族の落ちこぼれだったトトの、互いに依存しあう孤独な二人を描いた「MAMA」と、その後日談とも言える「AND」の二編。 読み始めた途端、お城や王家、魔術師、船で旅をす
| ナナメモ | 2008/05/22 8:38 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。