読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< タタド/小池昌代 | m a i n | Re-born はじまりの一歩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
乳と卵/川上未映子
評価:
川上 未映子
文藝春秋
¥ 1,200
(2008-02-22)
Amazonランキング: 1828位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/5/2〜2008/5/3

[文藝春秋HPより]
娘の緑子を連れて豊胸手術のために大阪から上京してきた姉の巻子を迎えるわたし。その三日間に痛快に展開される身体と言葉の交錯!
第138回芥川賞受賞作。芥川賞って実はそんなに読んでいないのですが、少し気になったのと、本の発売時期がちょうど良い時期だったので、図書館で予約しました。「あなたたちの恋愛は瀕死」も同時収録されています。

川上未映子さんって、少し変わった作家さんと何となく聞いていました。歌も歌っていたというし。合うかどうか心配でした。ぶっちゃけて言うと、合わなかったのですが・・・。合わなかったというより、文章がなかなか読むのが大変でした。普通に関西弁で書いてある文章も、関東に住んでいる私にとっては読むの大変なのですが、更に文の区切りが余りなくて、息が詰まってしまいました。でも、全然入ってこなかったというものでもありませんでした。

私は姉と姉の娘の緑子を迎えに東京駅に行った。姉の巻子は豊胸手術を受ける為に、大阪から東京に来た。また、緑子はあるときを境に言葉を発さなくなり、筆談で話をするようになっていた。そんな女3人のそれぞれの悩みを抱えた3日間の話。

男性には分からなくても、女性なら分かるという女性特有のコンプレックスというものはあると思います。胸のこともそうだし、生理のこともそうだし、子供を産むこともそうだし。だから巻子がお金をかけて豊胸手術したいと思うのも何となく分かります。でもたいていの人はそんなにお金をかけるまでもないことだと思うかもしれませんが。緑子も、父親がいない母子家庭で育ち、母親が苦労しながら自分を育てている姿を見て、自分は子供を産まないと決めているのもそう。

緑子の日記で、喋るとお母さんにひどいことを言ってしまうから、話すのをやめようと決意したところは、少し涙が出そうになりました。

このまま苦しい感じで終わるのかなとも思ったけど、最後は少し明る兆しが見えてきて、読了感はとても良かったです。
| か行(その他の作家) | 10:12 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 10:12 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/369
「乳と卵」川上未映子
乳と卵(2008/02/22)川上 未映子商品詳細を見る 芥川賞受賞作の「乳と卵」と「あなたたちの恋愛は瀕死」の二編を収録。 もうすぐ四十歳になる姉...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/05/10 12:03 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。