読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 2008年4月読了本 | m a i n | 乳と卵/川上未映子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
タタド/小池昌代
評価:
小池 昌代
新潮社
¥ 1,470
(2007-07)
Amazonランキング: 234057位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/4/30〜2008/5/1

海辺の家に集まった男女4人が迎える「決壊」の朝――。
二十年連れ添った夫婦と、二人のそれぞれの友人。五十代の男女四人が海辺のセカンドハウスに集まってくる。海草を拾ったり、夏みかんを齧ったり、あどけないような時間の中、各々のあきらめが見え隠れする。倦怠と友情が夜どおし交差して、やがて朝がくると、四人の関係は一気に「決壊」する。川端賞受賞作を含む傑作短篇集。
タイトルがとても気になっていた作品でした。どうやら多々戸海岸のことらしいです。海が出てくる話でした。とても静かな作品のように思えました。ガチャガチャせずに、50歳を超えた大人たちが、騒々しくならずに静かに時を過ごしていくような雰囲気が感じられました。

「タタド」
50代の夫婦イワモトとスズコの海の家で、イワモトの昔からの仕事仲間タマヨとスズコの男友達のオカダが来て、4人で過ごす。そして決壊する4人の関係。

「波を待って」
夫が遅れてサーフィンに没頭した。その夫を子供と一緒に浜辺で待つ妻。その間に思い出す日々。そしてなかなか戻ってこない夫。

「45文字」
ふとサクラダの声がして思い出した、陸上の競技会のときの出来事。翌日再会した中学の同級生の横山。仕事を手伝ってくれと言われ横山の家に行くと、そこにはサクラダがいた。二人は結婚していた。

絵を見てその絵の印象を45文字で表現する。その文を試行錯誤しながら変更していく様子が面白かったですね。ライターの方や短い文をまとめる人たちってこのようにして、文章を練りだしていくのかなと思いました。
| か行(その他の作家) | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:19 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/368
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。