読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 本からはじまる物語 | m a i n | 図書館本08--13 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サクリファイス/近藤史恵
評価:
近藤 史恵
新潮社
¥ 1,575
(2007-08)
Amazonランキング: 627位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/4/9〜2008/4/10

[新潮社HPより]
ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。
勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。

やっと読めました。前からたくさんの方が面白いと言っていて、読んでみようかなと思ったのですが、やっぱり図書館の予約待ちの人数が多く躊躇っていました。待ってもいいから読もうと決意して予約してから4ヶ月。ようやく、手元に届きました。「本屋大賞」の発表には間に合わなかったのが少し残念。

「サクリファイス」という意味が最後に分かるという感想を見ていて、「サクリファイス」の意味すら知らなかった私はどういういことなのか分かりませんでした。しかし、図書館で予約するときにタイトルで検索したら、他の作品で日本語でも出ていて読む前から意味を知ってしまいました。その状態で読むと、ロードレースの中のアシストの存在が、そういうことかと勘違いしてしまいました。そして最後まで読んで真相を知ると、とても重くその「サクリファイス」がのしかかりました。そういうことだったんだと。

主人公の白石誓はまだチーム・オッズに入ったばかりの新人だ。同期の伊庭和実は既にエースの頭角を現している。しかし誓は自分の順位は落ちても、エースを勝たせるために走るアシストという役割が合っていると感じている。また、チーム・オッズには30歳を超えるベテランながらまだエースであり続けている石尾さんがいた。その石尾さんが過去に自分の勝利のために同じチームの人間を再起不能の怪我に負わせた過去があった。それを謝りをしなかったという。誓は他の先輩から聞いた石尾さんと、自分が知っている石尾さんの違いに戸惑う。

チーム・オッジはツール・ド・ジャポンというレースに参加していた。何日間もあるレースのうちの1つにアシストとして飛び出した誓が優勝してしまった。そこで知ったサントス・カンタンというチームが若い日本人選手を欲しがっているという話。自分の気持ちが揺らぐ。この話がきっかけとなったであろう悲劇。読んでいて唖然としてしまった。そしてそこからは少しミステリー風になり、真相が二転三転する。最後に行き着いたときには、さっきも記述したように「サクリファイス」という意味が重くのしかかりました。

しかし、本当に何年も前に別れた香乃をそこまで想っている気持ちは分かりませんでした。男の見る目ないですね。
| か行(その他の作家) | 11:15 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 11:15 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/353
「サクリファイス」近藤史恵
サクリファイス近藤 史恵 (2007/08)新潮社 この商品の詳細を見る サイクルロードレースでのアシストの仕事はチームのエースを勝たせること。若...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/04/19 7:52 PM |
サクリファイス 近藤史恵
カバー写真はPanoramic Images。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 語り手の白石誓(チカ)は、オリンピックも狙えると言われた陸上の中距離走か...
| 粋な提案 | 2008/04/20 1:02 AM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。