読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 犯人に告ぐ/雫井脩介 | m a i n | 図書館本08--09 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
やがて目覚めない朝が来る/大島真寿美
評価:
大島 真寿美
ポプラ社
¥ 1,470
(2007-11)
Amazonランキング: 139410位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/3/17〜2008/3/18

[日販MARCより]
やさしく、うつくしい時間を、私たちは共にしている…。少女は魅力的な大人たちに囲まれて、大人になっていく。すべてを包み込んで穏やかに流れていく時間と人生のきらめきを描き出す、今、最注目の著者の最高傑作。

大島さんの作品は『ふじこさん』以来2作目。あの大島さんの雰囲気は今回も出てました。

由加は両親が離婚し、母親と祖母の家に住むことになった。しかし、その祖母は父親の母だった。いわば、嫁と姑の間柄にある母と祖母は離婚後に一緒に暮らすという。祖母のことを実の息子である父親さえもみんな「蕗さん」と呼ぶ。由加も例外なく蕗さんと呼んでいた。有加は半分寝ながら、周りの人たちの話し声を聞くのが好きだった。だから、母親や蕗さんが知らないことまでも知っていた。

蕗さんは元舞台女優。昔からの友達がたくさんいる。富樫さん、田幡さん、一松さん、ミラさん。小学生の有加が成長するにつれ、年老いていく周りの人々。そして、次第に一人一人亡くなっていく・・・。誰にでもやがて目覚めない朝が来るのだ。

タイトルを余り考えていなかったのだけども、「やがて目覚めない朝が来る」とは考えたら怖いこと。でも、この小説を読む限りでは、受け入れられそうな温かさがあった。
| あ行(その他の作家) | 11:06 | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 11:06 | - | - |
不思議な作家さんですよね。
この人が書くと不幸であることがいいことのように思えてくる。
もうちょっと頑張ってコンプしますよ!
| あさと | 2008/03/31 8:40 AM |
>あさとさん
本当に不思議な作家さんですね。
まだ2冊目ですが、不幸であるはずなのに、哀しくならないです。
コンプした中で、これはオススメという作品があったら是非教えてください。
| Yuki | 2008/04/01 11:47 PM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/337
「やがて目覚めない朝が来る」大島真寿美
やがて目覚めない朝が来る 大島 真寿美 JUGEMテーマ:読書 蕗さんは父方の祖母。小学4年の時、両親が離婚し母・のぶちゃんと有加は蕗さんが一人で暮らす洋館に引っ越した。蕗さんの家にやってくる色々な人たちとのふれあい。有加はみんなに見守られながら成長し
| ナナメモ | 2008/03/23 9:44 PM |
やがて目覚めない朝が来る 大島真寿美
装丁は大久保伸子。カバー作品は清川あさみ。「asta」掲載に加筆修正。 語り手の有加は小学四年で両親が離婚。母・のぶちゃんと、父方の祖母...
| 粋な提案 | 2008/03/24 2:22 AM |
「やがて目覚めない朝が来る」大島真寿美
やがて目覚めない朝が来る大島 真寿美 (2007/11)ポプラ社 この商品の詳細を見る 小学四年の終わり、両親の離婚がきっかけで、私と母は蕗さんの...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/03/24 12:47 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。