読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館本08--8 | m a i n | 漢方小説/中島たい子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
名前探しの放課後/辻村深月
評価:
辻村 深月
講談社
¥ 1,470
(2007-12-21)
Amazonランキング: 85871位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/3/5〜2008/3/7

名前探しの放課後(下)名前探しの放課後(下)
辻村 深月

講談社 2007-12-21
売り上げランキング : 70671

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書期間:2008/3/8〜2008/3/10

[BOOKデータベースより]
「今から、俺たちの学年の生徒が一人、死ぬ。―自殺、するんだ」「誰が、自殺なんて」「それが―きちんと覚えてないんだ。自殺の詳細」不可思議なタイムスリップで三ヵ月先から戻された依田いつかは、これから起こる“誰か”の自殺を止めるため、同級生の坂崎あすならと“放課後の名前探し”をはじめる―青春ミステリの金字塔。
気付くと違和感を覚えた。既に、無くなったはずの看板がある。日付を確認すると、3ヶ月前に戻っている。依田いつかは3ヶ月後からタイムスリップした。その3ヵ月後というのは、同級生が自殺をした日の翌日。タイムスリップをした理由は・・・。

いつかはタイムスリップをした理由を、その自殺した生徒を助ける為だと感じる。しかし、その自殺した生徒のことを覚えていない。誰も信じないであろう話を最初に持ちかけたのはクラスメイトで、唯一同じ中学校出身の坂崎あすな。彼女は中学のときの文化祭で、タイムスリップを扱った展示をしていたからだ。また、その他に、いつかの親友の秀人、その彼女の椿、秀人の腐れ縁で優等生の天木。

辻村さんの作品なので、さすがに最初の方で自殺者ではないかと現れた河野。いかにもっぽい感じがしたけど、これではつまらないかなぁと思っていました。そして実はこの人なんじゃないかなと思っていたら、ずばり当たってしまいました。何となく、一人だけ違和感を覚えたのです。しかし、最後のネタ晴らしというか、あの人までもが加わっていたとはと思うと、かなり驚きでした。そして、辻村さんお得意のリンクですね。この人があの人だったの!?と驚きました。覚えていない人のリンクもあったのが少し残念でしたけどね。

中盤、ここでこんなに長いこと書かなくても・・・と思った部分、水泳の辺りなんだけど、最後まで読むと納得がいきました。そういう魂胆だったのかと。最後で、少し好きにはなれたけど、いつかのことが私は好きにはなれませんでした。あすなと同じ思いですね。自分はそんなに好きだとは思ってないけど、可愛いからという理由だけで付き合って、飽きたからと言って、ちゃんと面と向き合って話し合わずに一方的に振る。もうこういう男、許せないです。なので、ほんと最後の最後までいつかが好きになれませんでした。でも、さすがは辻村さんということで、意外な結末には驚きっぱなしで、かなり楽しめました。
| た行(辻村深月) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
「名前探しの放課後」辻村深月
名前探しの放課後(上)辻村 深月 (2007/12/21)講談社 この商品の詳細を見る 名前探しの放課後(下)辻村 深月 (2007/12/21)講談社 この商品の詳細を見る ...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/03/19 11:07 AM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。