読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館本 | m a i n | クローバー/島本理生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
誰か/宮部みゆき
評価:
宮部 みゆき
文藝春秋
¥ 680
(2007-12-06)
Amazonランキング: 101342位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/1/1〜2008/1/3

今多コンツェルン広報室の杉村三郎は、事故死した同社の運転手・梶田信夫の娘たちの相談を受ける。亡き父について本を書きたいという彼女らの思いにほだされ、一見普通な梶田の人生をたどり始めた三郎の前に、意外な情景が広がり始める―。稀代のストーリーテラーが丁寧に紡ぎだした、心揺るがすミステリー。
今多コンツェルン会長の義父の依頼で、義父の専属運転手だった梶田信夫の娘たちの依頼を引き受けた杉村三郎。その依頼とは自転車に轢かれ、不運にも事故死した梶田の一生を本にしたいという。しかし、その案に乗り気なのは妹の梨子のみで、姉の聡美にはただならぬ事情があり、父親の過去を妹には知られたくないという。

梶田をひき逃げした犯人を捜すというよりは、梶田の過去、そして姉の聡美の幼い頃の記憶。この正体を、本を作る計画をしながら、杉村三郎が探っていく。梶田の過去と聡美の幼い頃の記憶が1つに繋がったとき、やられたと騙された感や驚きがなかったのが少し残念。間が少し長すぎたのかもしれない。その長い間に、どんな結末が待っているのだろうと期待しすぎてしまったようだ。でも、最後の最後にはちょっとした驚きがあったけど、これは何となく気付いていた。

この、姉の聡美と妹の梨子の境遇と性格の違いが何とも言えないな。年が離れているとはいえ、両親の苦労を知るか知らないかだけで、こんなにも変わってくるのだろうか。何も知らないと思っていた梨子も、色々知っていた訳だし。聡美がかわいそうだなと思ってしまいました。
| ま行(宮部みゆき) | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:53 | - | - |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/290
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。