読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< あけましておめでとうございます | m a i n | 女たちの内戦/桂望実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
三面記事小説/角田光代
評価:
角田 光代
文芸春秋
¥ 1,300
(2007-09)
Amazonランキング: 124866位
JUGEMテーマ:読書


2007/12/25〜2007/12/27

バリケードのような家に住む姉夫婦、妻殺害をネットで依頼した愛人の心の軌跡…。誰もが滑り落ちるかもしれない記事の向こうの世界。現実がうみおとした6つの日常のまぼろしを、鮮やかに描いた小説集。
角田さんって、たくさん作品を出すので、私の読書ペースだと追いつけないのでなかなか読めないでいるのですが、この作品はタイトルに惹かれてしまい、読んでみようと思いました。「三面記事」という言葉から連想される通り、ある事件を元にした物語です。

「愛の巣」
いつもはしつこいくらいに電話をして愚痴を言う姉から連絡がなくなった。夫の浮気を心配していた姉だが、その解消はしたのか。連絡が取れなくなったので、直接訪問したら、そこは塀にトタンが高く積み足され、その上には有刺鉄線が張ってあった。

これを発見するのに26年もかかるとは驚きでした。連絡を取れなくなった姉を訪ねるまでにどれだけ時間がかかっているんだろうと思いました。

「ゆうべの花火」
相手が結婚していることも知らずに付き合ったが、だんだん不倫相手が妻に子供ができたことをきっかけに自分のことを相手にしてくれなくなる。お金を請求してくる不倫相手にお金を払うと自分の要求が通るので、お金で要望を買うことになった。
一方、チャットで知り合った女性と遠距離恋愛をするようになった男。女性から自分ばかり遠方に来て会いにいくのもお金がかかると次第に会うことを拒否し始めたので、友人から大金が稼げるバイトを紹介してもらう。この2人の繋がりとは。

お金を払えば希望が叶うと思ってしまうと怖いですね。でも不倫相手の男の人もかなりひどいですけど。今の時代、お金を払えば人を殺すことができるのかと思うと、本当に恐ろしいと思います。こういう事件これからも増えていくかもしれないですね。

「彼方の城」
息子はリビングにマットレスを置いてそこに居つく。娘は自分の化粧や恋愛に忙しく、家の手伝いは一切しない。そんな子供たちに嫌気がさしている38歳の主婦。漫画喫茶でバイトをする高校生の男の子と出会い、デートに誘う。

この母親もどうしようもないと思いました。子供がそう育ったのも自分のせいのはずだけど、それを全部子供が悪いというように押し付けている気がします。それで若い男に走ってしまうなんて・・・。

「永遠の花園」
友達が夏休みに大好きな先生に会いに東京に行ってから、変わってしまった。ずっと仲良くしていたいと思い、その友達とあることを企てる。

友人を失いたくないからと軽い気持ちで起こしてしまった事件。これも曲がった愛情だなと思いました。

「赤い筆箱」
妹が自分が受かった中学に落ちてから憎しみを抱くようになった。両親も妹の方にばかり気を取られ、自分の話を聞いてくれない。そんなときに事件は起こった。

こういう話はよくありますよね。兄弟でどちらかだけ両親からの愛情を受けており、どちらかがむなしい思いをする。性格の問題かもしれないですけどね。

「光の川」
母親が認知症になった。母親とは絶縁状態の姉の力も借りられず、独身の息子は一人で介護をすることになった。やがて症状がひどくなり仕事もできなくなり、生活保護申請も却下され、お金に困るようになった。

これはずっと問題になっていくのではないでしょうか。介護疲れのためという事件をよく耳にします。この生活保護もお金を受け取るのにかなり厳しく、しかも一人で介護となるとやり切れなくなるでしょうね。

ほとんどが怖いと思う話ばかりでした。実際に載ってた三面記事から角田さんが物語として話を膨らませたのですが、ここまでよく話が作れるなと思いました。今まで読んだ角田さんの作品とはだいぶ変わっていますが、なかなか読み応えはありました。
| か行(角田光代) | 18:40 | comments(2) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 18:40 | - | - |
実際の事件の概要は違うんでしょうけれども、もしかしたらこういう背景があったのかもしれないな、と思わせる上手さがありましたよね。

全くの他人事ではなく、何か一つ間違えたら自分にもふりかかりそうな感じでちょっと怖かったです。特に最後の「光の川」はいろいろ考えてしまいました。
| masako | 2008/08/03 3:12 PM |
>masakoさん
短い記事から、よくこれだけのことを膨らませることができたなと思います。
実際起きている事件だし、可能性はありますよね。
「光の川」は1番現実的に起こりそうですね。
でも自分がその立場になったら、どんな行動を起こすのか想像がつかないです。
他人事ではないんですけどね・・・。
| Yuki | 2008/08/07 12:13 AM |









トラックバック機能は終了しました。
三面記事小説*角田光代
三面記事小説(2007/09)角田 光代商品詳細を見る バリケードのような家に住む姉夫婦、妻殺害をネットで依頼した愛人の心の軌跡…。誰もが滑り落ちるかもしれない記事の向こうの世界。...
| +++ こんな一冊 +++ | 2008/01/03 8:44 AM |
三面記事小説 〔角田 光代〕
三面記事小説角田 光代 文芸春秋 2007-09売り上げランキング : 19403おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ バリケードのような家に住む姉夫婦、妻殺害をネットで依頼した愛人の心の軌跡…。 誰もが滑り落ちるかもしれない記事の向こうの世界。 現実
| まったり読書日記 | 2008/01/03 9:27 PM |
三面記事小説 角田光代
実際に起こった事件をモチーフに、事件の背景や登場人物の心情をリアルに描いた短編六編。 26年間、床下の遺体と共に生活していた夫婦の話や、ネットで依頼した殺人がいつまでたっても実行されないため、警察に訴え出て逮捕されてしまった女の話という、さぞや朝のワイ
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2008/01/03 9:50 PM |
三面記事小説 角田光代
装丁は柳澤健祐。初出は別冊文藝春秋。短編集。 「この小説は実際の事件を発想の発端にしているが、フィクションであり事実とは異なる。」と目次の先に但し書き。架空の小説と念押ししています。これまでどんな題材でもリアルを
| 粋な提案 | 2008/01/04 1:29 AM |
「三面記事小説」角田光代
三面記事小説 角田 光代 新聞の「三面記事」に載る数々の事件。いくつかの事件は読んだ記憶があるものでした。そんな本当の出来事の裏側で犯罪を起こした人が考えていた事、追い詰められていく様などを角田さんらしい切り口で書いた6つの物語。 角田さんのダ
| ナナメモ | 2008/01/05 11:36 PM |
『三面記事小説』角田光代
三面記事小説 角田 光代 2007/9/30発行 文藝春秋 P.260 ¥1,300 ★★★★★  私は今から警察にいく。膨れ上がった借金と止むことのない督促に困り果てたからではない。これは私の最後の賭けだ。警察沙汰にすることで、彼の人生に関わるこ
| ほんだらけ | 2008/01/07 12:59 AM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。