読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 青年のための読書クラブ/桜庭一樹 | m a i n | あけましておめでとうございます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
明日の記憶/荻原浩
評価:
荻原 浩
光文社
¥ 650
(2007-11-08)
Amazonランキング: 7360位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2007/12/23〜2007/12/24

広告代理店営業部長の佐伯は、齢五十にして若年性アルツハイマーと診断された。仕事では重要な案件を抱え、一人娘は結婚を間近に控えていた。銀婚式をすませた妻との穏やかな思い出さえも、病は残酷に奪い去っていく。けれども彼を取り巻くいくつもの深い愛は、失われてゆく記憶を、はるか明日に甦らせるだろう!山本周五郎賞受賞の感動の長編、待望の文庫化。
以前、テレビでこの映画が放送されて既に見ていました。
ほとんど内容知っていたのですが、文章でも読んでみたいと思い、読みました。
この本を読んで思ったことは、映画では結構忠実に表現されていたなということでした。
だいたい本の映像化というのは時間が限られている為、少し設定を変えていたり
登場人物が減っていたりするものだけど、この作品はほとんどそう思いませんでした。
しかもさすがに映画賞を総なめにしただけあって、リアルさが伝わりました。
読んでいてやっぱり渡辺謙と樋口可南子の顔が思い浮かんでいましたしね。

佐伯は物忘れがひどくなっていたが、年のせいだと思っていた。
次第に激しい頭痛が起こるようになり、仕事が忙しくストレスが溜まっているからだと
妻の枝実子に言われ、病院に行った。
何度かの検査で言われたのが若年性アルツハイマーだった。
次第に、物忘れがひどくなっていく様がとてもリアルに書かれていました。
佐伯が物事を忘れないように書くようになった備忘録。
佐伯が書いた内容をリアルに表現しているので、最後の方ではひらがなが多くなったり
同じことを2度書いていたりした。
こういう手法は「アルジャーノンに花束を」を思い出しますね。

アルツハイマーとは恐ろしい病気だなと改めて思いました。
おそらく周りの人間の方が大変ではないかと思います。
ひどくなれば介護も大変になるだろうし、何しろ自分のことを忘れてしまうという
哀しさがあります。
この作品のラストは泣けます。
自分の愛する人が自分のことを忘れてしまったら・・・と思うと辛いですね。
| あ行(荻原浩) | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:53 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。