読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 鴨川ホルモー/万城目学 | m a i n | 2007年11月読了本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
対岸の彼女/角田光代
評価:
角田 光代
文藝春秋
¥ 540
(2007-10)
Amazonランキング: 2050位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2007/11/27〜2007/11/30

専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが・・・・・・。結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。多様化した現代を生きる女性の、友情と亀裂を描く傑作長編。第132回直木賞受賞作。


久し振りに角田さんの作品を読みました。
たくさんの作品を出していて、どれから読んでいいか分からない状態でしたが
この作品が文庫化になるということで、久し振りに読んでみました。
以前読んだ作品が少し前の作品だったからか、余りよかったという印象が
ありませんでしたが、友達も薦めていた作家さんだったし、他の作品も
ぜひとも読んでみようと思っていました。
こういう状況の中、読んだ作品がこの作品でよかったと思います。
また角田さんの作品を読みたいと思いましたから。

会社の人間関係が嫌だったが、タイミングよくプロポーズされたことで
会社を辞めて、専業主婦となった小夜子。幼い子供が1人いる。
公園に行っても他の子供たちと遊ばない自分の子供を不憫に思って
自分から変わっていこうと、働くことを決意する。
そこで出会ったのが、自分と同じ年で、同じ大学出身の女社長、葵だった。
小夜子は葵の会社で働くことになる。

一方、葵の高校時代の話。
中学時代にいじめに遭って、母親の田舎に引っ越した葵。
そこでもいじめられないように気を使って日々を過ごしていた。
同じクラスにいたナナコは誰から何を言われようと何も感じない。
どこのグループにも属さず、誰とでも話をしていた。
そんなナナコと葵は学校以外で仲が良くなり、夏休みに伊豆のペンションで
2人で泊まりこみで働くことにした。

現代の小夜子の視点と過去の葵視点が交互に展開していく。
不思議に思ったのは現代の葵の性格と過去の葵の性格が一致しないこと。
過去のナナコと現代の葵の性格が同じようで、この2人が同一人物なのではと
思ったほどでした。
でも読むにつれて、葵が変わった訳が何となく分かったような気がした。
全く違う立場の二人、対岸の彼女がこちら側に来るとき
また他の対岸にいる人たちに向けて手招きしているような感じがしました。
こういう出会い、関係もなかなかいいなぁと思いました。
ほっとするような、自分も前向きに生きていこうと思えるような作品でした。
| か行(角田光代) | 11:25 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 11:25 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
「対岸の彼女」角田光代
対岸の彼女 角田 光代 現在と過去の二つの話が同時進行で進んでいく。 主人公達の設定年齢が自分の年齢とほとんど同じ、子供がいて仕事もしていてと状況も似ているせいか、現在の小夜子を自分の事のように納得しながら読みました。仕事に理解のない夫の心無
| ナナメモ | 2007/12/01 7:21 PM |
『対岸の彼女』角田光代
対岸の彼女 角田 光代 2004年 文藝春秋 P.288 ★★★★★ 大人になれば、自分で何かを選べるの? 女の人を区別するのは女の人だ。既婚と未婚、働く女と家事をする女、子のいる女といない女。立場が違うということは、ときに女同士を決裂させる。 母
| ほんだらけ | 2007/12/03 11:28 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。