読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 半落ち/横山秀夫 | m a i n | 対岸の彼女/角田光代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鴨川ホルモー/万城目学
評価:
万城目 学
産業編集センター
¥ 1,260
(2006-04)
Amazonランキング: 46850位

JUGEMテーマ:読書


読書期間:2007/11/25〜2007/11/26

【ボイルドエッグズ新人賞(第4回)】謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた「ホルモー」とは? 恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。前代未聞の娯楽大作、ここにあり!
気付けば、万城目さんの3作目「ホルモー六景」が発売されいてました。
慌てて積んだままのこの作品を手に取りました。

ホルモーとは何なのか。読む前から気になっていましたが、冒頭から説明がありました。
余り詳しくは書くつもりはないけど、京大、京都産業代、龍谷大、立命館大の4チーム
で、争う競技のようだ。
サークルに勧誘されて、一目惚れしたため、入ったサークル京大青竜会。
このサークル、ホルモーで競い合うということだった。
読み進めていくうちに、この主人公たち新入生が先輩に教わることで
読者側もホルモーの詳細を知ることができました。
知ったところで、余り想像もできなかったし、よく分かりませんでした。
でも気付いたら引き込まれてしまいました。

あり得ないような内容だけど、だんだん面白くなりました。
これは癖になったら止められないかなと思います。
ホルモーの他にも恋愛あり、青春ありと、なかなか飽きません。
しかも高村のいきなりのちょんまげには正直笑えたし
凡ちゃんこと楠ふみも急に人が変わったようになって驚いた。

「ホルモー六景」も読まなくちゃ。
でもその前に「鹿男あをによし」が積んだままなので、読まないと。
| ま行(万城目学) | 00:31 | comments(10) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 00:31 | - | - |
ちっこいのがいっぱい歩いてるのが笑えました。
来年は吉田神社へ初詣に行って「レ〜ナウ〜ン♪」と歌ってみる予定。読んだ人がいれば笑ってくれるかも。
| あさと | 2007/11/30 8:11 PM |
>あさとさん
是非ともその風景見てみたいと思いました。
吉田神社に行くのですね。
こういう本を読むと京都に更に行きたくなりました。
| Yuki | 2007/12/01 10:39 AM |
こんにちは♪

ちょんまげには確かにびっくりしましたね!
表紙の絵も、何故ちょんまげの人がいるのか、どうして早良さんでなく凡ちゃんなのか最初は分かりませんでしたが、読んで納得でした。
| まりも | 2007/12/04 3:52 PM |
>まりもさん
表紙見たときは、時代物なのかなと少し思いました(笑)
私も読了後改めてみて、納得しました。
| Yuki | 2007/12/06 11:47 PM |
Yukiさん、こんにちは。
ようやくこの本が読めました。
“なんだか良く分からないけど、楽しそう”というのが感想です。
ラストのほんのり恋愛モードっていうのが
青春小説っぽくてよかったです♪
| キウイ | 2008/01/18 5:06 PM |
>キウイさん
最初読んだときは??ばかりで、話について行けるか不安でした。
でも読んでいくと、なんだかよく分からないけど楽しそうでしたね。
番外編っぽい「ホルモー六景」も楽しみです。
| Yuki | 2008/01/18 10:29 PM |
私は、この本を読みながら2回も電車で失敗しました。
1回目はホームを乗り間違えて
2回目は間違えて折り返し電車に乗ったことに気づかずもとの駅に戻ってしまいました。
どちらも通勤中の出来事でもちろん遅刻しましたよー。
ハラハラ、ドキドキするほど面白いわけじゃ、なかったけど、なぜか集中させられました(;^_^A アセアセ・・・
私が京都の大学生だったら、間違いなくホルモーやってたと思います。
そして、凡ちゃんばりに大活躍していたかも…、そんなことに実は“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪して読みふけっていたのかもしれません。
| さくらママ | 2008/04/22 1:14 PM |
>さくらママさん
集中して読まないと、なかなか想像しにくいっていうのもあるかもしれませんね。
それにしても2回も遅刻をしてしまったとは、やられましたね。
ホルモーやってましたか。
私もあんな風にスカウトされたら、断れなそうです。。
| Yuki | 2008/04/22 11:51 PM |
TB送らせていただきました!
大変格調高くばかばかしくてとってもおもしろかったです。
私は職場が京都なので、読み終わった直後は四条烏丸の交差点を通るたびに四方からホルモーの面々が行進してくる姿を想像してしまっておりました。
| 山手のドルフィン  | 2009/09/06 8:28 PM |
>山手のドルフィンさん
お返事遅くなってしまい申し訳ありません。。
職場が京都なんですね!
通るたびに思い出してしまいますよね。
私もこの作品を読んだ後に京都を訪れたとき
吉田神社にわざわざ足を運んだものです。
| Yuki | 2009/10/03 6:06 PM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/267
「鴨川ホルモー」万城目学
鴨川ホルモー 万城目 学 京都大学青竜会という不可思議なサークルに足を踏み入れた主人公の安倍が、サークルの仲間達と協力しながら、立命館大学、京都産業大学、龍谷大学の代表と「ホルモー」という対抗戦を行っていく中で、大学生活につきものの、友情、葛藤、
| ナナメモ | 2007/11/30 9:32 PM |
「鴨川ホルモー」万城目学
鴨川ホルモー 最初タイトルを見たとき、焼肉の話だと思ったんです。鴨肉とホルモンのことかと。で、青春小説らしいというのがわかって、焼肉道場!みたいな話(意味不明)かなぁとか思ってたんですが、読んでみたら焼肉は全く関係ありませんでしたが、やっぱり青春小
| 本のある生活 | 2007/12/01 11:13 PM |
「鴨川ホルモー」万城目学
タイトル:鴨川ホルモー 著者  :万城目学 出版社 :産業編集センター 読書期間:2006/12/25 - 2006/12/26 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた「ホルモー」とは? 恋に、戦に、チョン
| AOCHAN-Blog | 2007/12/09 9:32 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。