読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 一瞬の風になれ 第三部 -ドン-/佐藤多佳子 | m a i n | 幸福な食卓/瀬尾まいこ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦
評価:
森見 登美彦
角川書店
---
(2006-11-29)
Amazonランキング: 3712位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2007/11/11〜2007/11/14

【山本周五郎賞(第20回)】「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。ふたりを待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった…。キュートで奇抜な恋愛小説in京都。『野性時代』掲載を単行本化。
やっと読めました。
実は図書館の予約を諦めて購入したのですが、予約を我慢して待った本と
読むのが同時期になってしまったという、何とも微妙な感じです。
もちろん買ったことに後悔はしていませんが。

以前「太陽の塔」を読んで、この話もまたストーカーの話なのかと思ったけども
また「太陽の塔」とは違い、明るい話でよかったです。
でもやっぱりこの文体には余り馴染めず、読む時間はかかってしましました。

「夜は短い歩けよ乙女」
春、結婚式に出席した私は、一目惚れした後輩の黒髪の乙女が
二次会には出席しなかった為、その後をついていくことにした。
彼女は先斗町、木屋町とお酒を求めて歩き回って、色々な人と出会っていた。
この章が1番面白かったかな。
彼女が出会うたくさんの人々が実はあちこちで繋がっていたから。
私がズボン取られて困っていたり、そのズボンを彼女と出会った樋口さんが
履いていたり、実はこの人とこの人が親子だったりとか、面白かったですね。

「深海魚たち」
夏、私は嫌いな古本市に行くことにした。
もちろんあの彼女が古本市に行くと有力な情報を得たからだ。
黒髪の乙女を見つけたが、きれいな顔をした少年に付きまとわれる。
そして彼女が探している絵本を手に入れようと、李白が開催した火鍋対決に挑む。
ある夏の1日の出来事なのに、色々なことを体験しているのが何とも言えず面白い。
そして結局頭で考えていた事が偶然に実現する。
火鍋で頑張ってよかったねと素直に思えました。

「御都合主義者かく語りき」
秋、学園祭。やはり私は彼女の姿を追うべく、走り回っていた。
彼女、黒髪の乙女は背中に大きな鯉のぬいぐるみを背負っていたり、
場所を変えて行われる劇「偏屈王」の主役を任されることになったり
「像の尻」という出し物をしている女性と仲が良くなったりと
基本は一人でいるのに、気付いたら回りに人がいるという乙女でした。
これも最後は1つに繋がって、面白かったですね。

「魔風邪恋風邪」
冬、私は風邪で寝込んでいた。
京都では風邪が大流行していて、ほとんどの人が風邪になっていた。
しかし、黒髪の乙女は風邪の神様に見放され、風邪で寝込むことはなかった。
今まで出会ったたくさんの人が風邪で倒れ、彼女はみんなのお見舞いに行った。
すると彼女の心に最近先輩と会っていないけど、何をしているのだろうという思いが
宿ります。そして、ラストはなんとも微笑ましい。
交互に語り口が変わるのがいいですね。

このラストは本当に良かった。もうこの春夏秋冬の珍道中を見ていて、
この2人のことを応援したくなりましたから。
他の森見さんの作品は今図書館で予約中で、まだしばらく読むのに時間がかかるけど
「四畳半神話大系」ではまた樋口さんと羽貫さんも登場するというし
他の作品を読むのが非常に楽しみであります。
| ま行(森見登美彦) | 13:01 | comments(6) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 13:01 | - | - |
こんにちは!
TBありがとうございました。
黒髪の乙女のキュートな天然っぷりが可愛らしかったです。
悪戦苦闘する先輩も!
最後の方では応援したくなっちゃいますよね。
四季折々の京都の様子も楽しかったです。
学祭にもぐりこんでみたい!と思っちゃいました。
| エビノート | 2007/11/18 5:36 PM |
>エビノートさん
こんばんは!
黒髪の乙女は純粋でとてもかわいらしかったですね。
先輩も悪戦苦闘した結果、報われてよかったです。
私もあんな学園祭があるなら是非とも行ってみたいです。
| Yuki | 2007/11/18 11:59 PM |
とってもかわいらしくて奇想天外な、
遊び心がいっぱいのお話でしたね。
古風な雰囲気と妙な力の抜け具合が、心地よくて面白かったです。
| 藍色 | 2007/11/19 1:32 AM |
>藍色さん
色々な出来事が次々に起こって、楽しかったです。
雰囲気も少し懐かしいような感じがして、全く飽きませんでした。
| Yuki | 2007/11/21 1:08 AM |
私も図書館で予約待ちすること2ヶ月余りで読むことが出来ました。
TVで装丁がいいね、と取り上げられていて読もうと思ったのでした。
1章目でその文体の読みづらさにくじけそうになりましたが、2章目以降別の短編かと思いきや先輩と乙女のお話が続いていたので後は一気に読めました。

なんだか、懐かしいのですよぇ〜。私の学生時代とかぶせながら読んでおりました。
実際にはありえないお話だったりしますけど、私のサークルにも先輩みたいな先輩がいたような気もしますし、私たちもフラフラと飲んだり彷徨ったりしたよなぁ〜、とか。

ただ今「有頂天家族」待ちです。

これからも時々お邪魔して参考にさせていただきます!
| さくらママ | 2008/03/03 9:43 AM |
>さくらママさん
文体の読みづらさにくじけなくて良かったですよね。
私もくじけそうだけど、先が気になってしまって読みきりました。

私は大学時代は想像していた大学生活ではなかったので
こういうサークルの中とかで、フラフラ飲んだり、遊んだりするのが羨ましく思います。

「有頂天家族」もオススメです。
早く回ってくるといいですね!
| Yuki | 2008/03/03 11:32 PM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/262
夜は短し歩けよ乙女 〔森見登美彦〕
夜は短し歩けよ乙女著:森見登美彦出版社:角川書店定価:1575円livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く ≪内容≫ 私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。 吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。
| まったり読書日記 | 2007/11/18 5:26 PM |
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
夜は短し歩けよ乙女 森見 登美彦 京都の某国立大に通う私(先輩)はクラブの後輩(黒髪の乙女)に一目ぼれをし、春は夜の先斗町に、夏は糺ノ森の古本市に、晩秋は学園祭に…偶然を装いつつ彼女を追い続け、外堀をうめるだけの日々。 アンソロジー「sweet blue
| ナナメモ | 2007/11/18 9:05 PM |
夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦
装画は中村佑介。装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。「野性時代」2005年9月号、2006年3、10、11月号初出。 クラブの後輩の黒髪の乙女に密かに想いを寄せる先輩は、ひたすらに彼女の姿を追い求めます。京都を舞
| 粋な提案 | 2007/11/19 1:33 AM |
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦 (2006/11/29)角川書店 この商品の詳細を見る 待ちに待った図書館の順番が回ってきた。 そして貪るように読むこと3時間。 キター!! そうそう、この文章、この語り、この妄想、これを待って
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/11/19 9:14 AM |
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
夜は短し歩けよ乙女 アンソロジー「Sweet Blue Age」の中でこの中の「夜は短し歩けよ乙女」を読んだ時、それはもう驚いたものでした。感想に参ったと2度も書いてました。そしてその後「太陽の塔」を読んでまたまたやられて、「太陽の塔」は「夜は短し〜」の後日談?
| 本のある生活 | 2007/11/19 11:30 PM |
『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
夜は短し歩けよ乙女 森見 登美彦 2006年 角川書店 P.301 ★★★★★   しかし重大な問題は、彼女がまったく意を払わないということであった。私の持つたぐいまれなる魅力どころか、私の存在そのものに。こんなにしょっちゅう会っているのに。 「ま、
| ほんだらけ | 2007/11/21 12:32 AM |
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
タイトル:夜は短し歩けよ乙女 著者  :森見登美彦 出版社 :角川書店 読書期間:2007/04/11 - 2007/04/13 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で
| AOCHAN-Blog | 2007/11/21 8:30 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。