読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 2007年10月読了本 | m a i n | スコーレNo.4/宮下奈都 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
風に舞いあがるビニールシート/森絵都
評価:
森 絵都
文藝春秋
¥ 1,470
(2006-05)
Amazonランキング: 7552位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2007/11/1〜2007/11/3

【直木賞(135(2006上半期))】国連で難民事業に携わる里佳は、上司で元夫のエドがアフガンで死んだという知らせを受ける。そして、エドがアフガンで助けた少女のことを伝え聞き−。大切な何かのために懸命に生きる人たちの、6つの物語。

この本も図書館で8ヶ月待ちました。私の中の風シリーズ2作目です(笑)

「器を探して」
クリスマスイブの日に恋人との約束があるのにも関わらず、自分の働いている
有名なオーナーパティシエの伊形ヒロミの命を受けて、器を探しに出張する羽目に。
恋人と仕事の中で揺れ動く。

「犬の散歩」
捨て犬の里親を探すボランティアをしている主婦。
昼間は犬の散歩、夜は犬の餌代のためにスナックで働いている。
現在2匹の犬を飼って、その里親を探している。

「守護神」
大学の夜間学部にはニシナミユキというレポートの代筆をしてくれる人がいるという。
以前は失敗しているが、今度こそと思い、そのレポートの代筆を頼みに行く。

「鐘の音」
25年ぶりに自分がかつて働いていて街に戻ってきた。
当時は仏像の修復をしていたが、その師匠と意見が食い違っていた。
そしてある仏像の出会いにより、何もかもが変わってしまった。

「ジェネレーションX」
掲載した商品にクレームがついたので、そのメーカーの若者と共に謝罪に行くことに。
車中、ずっと私用の電話をしているその若者について、注意すべきなのか迷いながらも
話の内容を聞いていた。

「風に舞いあがるビニールシート」
国連難民高等弁務団事務所で出会ったエド。その後結婚したが、ほとんどの出張と
家庭的な部分が嫌な夫に我慢できずに別れることに。
その後、エドの死を機に、落ち込んでばかり入られず・・・。

どの作品も前向きになれる作品だなと思いました。
特に印象に残ったのは「犬の散歩」。動物ものには弱くて、里親が見つかったときには
涙が出そうになって、必死に堪えました。
動物は好きだけど、里親探しのボランティアとか、正直そこまではできません。
何かのきっかけでやってみようという気になることもあるかもしれませんが。

「鐘の音」では、そこまで仏像に対する思いというのは理解ができないのですが
そのある出来事をきっかけに変わってしまった人生、それでも幸せな人生を送っていて
最後は感動しました。

「ジェネレーションX」では、40歳手前の中年に手が届きそうな男と、20代後半の若者。
でもこの若者の言葉は世間一般的な若者とは違い、いつしか自分も助けてやろうという
気が起きる。最後のオチは思わず笑ってしまいました。

さすがは直木賞受賞作品ともあって、素晴らしい作品でした。
森絵都さんの作品を読もうと思ったのはこの作品が1番最初なのですが
予約に時間がかかってしまい、他の作品の方が先に読めてしまいました。
でも、他の作品も素晴らしい作品が多く、これからも読んで行きたい作家さんだなと
思いました。
| ま行(森絵都) | 13:08 | comments(4) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 13:08 | - | - |
こんばんは、Yukiさん。
TB、ありがとうございます。
森絵都さんの本は、いいですね。
大人向けもいいですが、児童書がいいですね。
名作?『永遠の出口』も是非読んでみて下さい。
| モンガ | 2007/11/10 7:06 PM |
自分には譲れない何かがあるのか、そんなことを突きつけられる思いがした一冊でした。
それでいて落ち込むのではなく、前向きになれる話が多かったのも良かったです♪
| エビノート | 2007/11/10 10:15 PM |
人を動かすさまざまな情熱が描かれていて、勇気づけられる作品たちでしたね。
いろんな題材を取り上げて、多面的な魅力も持っていました。
| 藍色 | 2007/11/11 2:56 AM |
>モンガさん
やっぱり児童書もいいのですね。
「永遠の出口」もずっと気になっていたのですが
読んでみたいと思います。

>エビノートさん
周りにどう思われようと自分の信念を貫き通す人たちが多く
ぜひとも見習いたい人たちだなぁと思いました。前向きになれましたよね!

>藍色さん
確かに勇気付けられました。
色んな題材で読み手側が飽きずに、でも言いたいことはだいたい一緒でしたよね。
| Yuki | 2007/11/11 2:52 PM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/257
「風に舞いあがるビニールシート」森絵都
風に舞いあがるビニールシート森 絵都 (2006/05)文藝春秋 この商品の詳細を見る 第135回直木賞受賞作品です。実は今まで積んでいました。なんちゅう愚か者でしょう。 もう一つ白状すると、「DIVE!!」「永遠の出口」も
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/11/10 4:48 PM |
風に舞いあがるビニールシート  森 絵都
風に舞いあがるビニールシート 森 絵都 149 ★★★★☆ 【風に舞いあがるビニールシート】 森絵都 著  文藝春秋 《自分には、何が大切なのか、日々に思うことは、…》  (「BOOK」データベースより)  愛しぬくことも愛されぬくこともできなか
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/11/10 6:51 PM |
風に舞いあがるビニールシート 〔森絵都〕
風に舞いあがるビニールシート ≪内容≫ 愛しぬくことも愛されぬくこともできなかった日々を、今日も思っている。 大切な何かのために懸命に生きる人たちの、6つの物語。 (BOOKデータベースより)
| まったり読書日記 | 2007/11/10 10:00 PM |
「風に舞いあがるビニールシート」森絵都
風に舞いあがるビニールシート 森 絵都 大切な何かの為に一生懸命に生きる人たちの6つの短編集。 森さんらしくもあり、最後の物語を読み終わって表紙をみて「あっ森さんの本だったんだ」って思ったりもしました。一つひとつが濃くて、続けて読むのがもった
| ナナメモ | 2007/11/10 11:01 PM |
風に舞いあがるビニールシート、森絵都
装画はハヤシマヤ。装丁は池田進吾(67)。 1990年「リズム」で第31回講談社児童文学新人賞受賞デビュー、第2回椋鳩十児童文学賞も受賞。「宇宙のみなしご」で第33回野間児童文芸新人賞受賞、第42回産経児童出
| 粋な提案 | 2007/11/11 2:57 AM |
「風に舞いあがるビニールシート」森絵都
タイトル:風に舞いあがるビニールシート 著者  :森絵都 出版社 :文藝春秋 読書期間:2006/09/05 - 2006/09/07 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 愛しぬくことも愛されぬくこともできなかった日々を、今日も思っている。大切な何かのた
| AOCHAN-Blog | 2007/11/12 1:18 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。