読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 少年計数機―池袋ウエストゲートパーク〈2〉/石田衣良 | m a i n | 幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC /森博嗣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
赤朽葉家の伝説/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
東京創元社
¥ 1,785
(2006-12-28)
Amazonランキング: 45746位
読書期間:2007/10/13〜10/16

【日本推理作家協会賞(第60回)】千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の姿を比類ない筆致で鮮やかに描く。
皆さん読んでいたので、かなり気になっていたのですが、なかなか読めませんでした。
借りようと決意したのは直木賞候補になってから。
遅かったですね。もう少し早めに読もうと決意すればよかったと思いました。
祖母の万葉、母の毛毬、そして私、瞳子の赤朽葉家の女3代の物語。
昼ドラとかによく出そうな感じでした。
でも、戦後、経済成長期、バブル崩壊、現代と時代背景が分かりやすくて
私でもこの頃はこういうことがあったんだとよく分かりました。

「第一部 最後の神話の時代」
山の中の民族から捨てられた万葉。若夫婦に育てられ、学校に行くが字が読めない。
しかし、未来が視える千里眼の持ち主だった。
そんな万葉がある時、まんまると太った女性に「嫁に来てほしい」と言われる。
その女性は山の1番上の赤朽葉家の奥様だった。
数年後、その話は実現し、赤朽葉家に嫁ぐことになる。

「第二部 巨と嘘の時代」
万葉の長女、毛毬は13歳から不良と呼ばれるグループにいて、
夜はバイクで走り回っていた。
一緒に走り回っていた親友の死後は、漫画家として忙しい毎日を過ごしていた。
長男の泪の死後は、父親の願いを受け入れて婿を取り、跡取りを産んだ。

「第三部 殺人者」
9歳の時に突然母親の毛毬を亡くした、瞳子。祖母の万葉に育てられたが
その祖母も20歳過ぎのときに亡くなる。その時に「私は人を殺した」と言い残す。
少なからずショックを受けた瞳子は、その真相を突き止めようとする。

3部から成っている話だけど、それぞれに全然違う話でなかなか読む方は飽きない。
最後に少しミステリーになって、ますます楽しくなったほどでした。
この他にもたくさんの登場人物がいるけど、なかなかみんな面白いです。
万葉が子どもの頃いじめられていた、黒菱みどりや、万葉の夫の妾、真砂、その娘百夜
万葉の友人、豊寿。万葉が育てられた若夫婦の子供たちもたくさん出てきます。

あ〜わたしもぶくぷく茶飲みたいです。
| さ行(桜庭一樹) | 10:08 | comments(4) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 10:08 | - | - |
濃厚な世界が描かれていて、読み応えがありましたね。
最後に三代に渡る謎が示されて、ますます楽しくなったのが私だけでなくて安心しました。
他の方はほとんど目を向けてないので。
ぶくぷく茶、飲みたくなりましたね。

『片耳うさぎ』もお待ちしていますね。
| 藍色 | 2007/10/23 3:08 PM |
>藍色さん
それぞれ時代とともに全然違う生き方をしていて、読み応えがありました。
そして同じような話の展開にならなかったのがまたよかったです。
ぶくぷく茶、みんな飲んでいたので読みたくなりました。
名前がまた何とも言えずいいですよね(笑)
| Yuki | 2007/10/24 12:48 AM |
こんばんは。
私は瞳子が辿りついた万葉の最後の言葉の意味、空飛ぶ男の真実が衝撃でした。
3世代にわたる壮大なストーリーでしたよね。登場人物もみんな個性的で面白かったです。
| masako | 2008/05/02 11:49 PM |
>masakoさん
こんばんは。
空飛ぶ男はずっと気になってしましたが、まさかこのことだったとはと思いましたよね。
3世代それぞれの時代背景もうまく描かれていて、分かりやすかったですね。
| Yuki | 2008/05/03 2:40 AM |









トラックバック機能は終了しました。
「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
赤朽葉家の伝説桜庭 一樹 (2006/12/28)東京創元社 この商品の詳細を見る 祖母、母、わたし。 赤朽葉家に生きる三代の女たちを描いた作品です。 「第一部」 戦後の敗戦の余波が残る時代に、万葉は辺境の人に置いていかれた。
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/10/21 4:34 PM |
赤朽葉家の伝説 〔桜庭 一樹〕
赤朽葉家の伝説桜庭 一樹 東京創元社 2006-12-28売り上げランキング : 9247おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「山の民」に置き去られた赤ん坊。 この子は村の若夫婦に引き取られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、
| まったり読書日記 | 2007/10/21 8:25 PM |
「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
赤朽葉家の伝説 桜庭 一樹 鳥取で製鉄業で財を成した旧家、赤朽葉家。千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。赤朽葉家に生きる三代の女達の戦後から現代まで。 実は桜庭さんはアンソロジーに入った短編を一つ読んだ事があるだけの作家さんだ
| ナナメモ | 2007/10/21 9:14 PM |
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹
Book Designは岩郷重力+WONDER WARKZ。書き下ろし。日本推理作家協会賞受賞。 物語の舞台は鳥取県紅緑村。千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、旧
| 粋な提案 | 2007/10/23 3:08 PM |
「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
赤朽葉家の伝説 こういう大河小説というか、女の一代記は(これは三代記ですけど)もともと好きなんですが、これもおもしろかったです。有吉佐和子さんの「紀ノ川」をもっと現代に引き寄せて、神秘的でオカルティックなものを加えて、ミステリも加えて、・・と、盛り
| 本のある生活 | 2007/10/23 7:56 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。