読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< インストール/綿矢りさ | m a i n | ぽろぽろドール/豊島ミホ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
空飛ぶタイヤ/池井戸潤
評価:
池井戸 潤
実業之日本社
¥ 1,995
(2006-09-15)
Amazonランキング: 63888位
読書期間:2007/9/1〜2007/9/2

小さな運送会社のトレーラーが起こしたタイヤ脱輪による死亡事故。事故原因は整備不良か、それとも…。「容疑者」と目された男が、家族・仲間とともにたったひとつの事故の真相に迫る、果てなき試練と格闘の数か月!
直木賞候補となってからとても気になっていた作品でした。
でも、分厚い上に2段組みということもあって、なかなか手を伸ばす勇気は
ありませんでした。予約するべきかどうか…。
それが図書館に置いてあるのを見つけたら、これはチャンスと迷いもせず
手にとってしまいました。でも、読んでよかったです。

トレーラーが脱輪事故を起こした。そのタイヤが運悪く歩いていた母子を直撃した。
母親は背中にまともに受けて亡くなってしまった。
トレーラーの持ち主は零細企業の赤松運送。
誰もが、赤松運送の整備不良が原因だというが、社長の赤松は社員の整備記録を
見て、整備不良ではないと確信。
警察も大企業であるトレーラーの製造元、ホープ自動車の調査結果が正しいと
思っており、世間も被害者もそれを信じている。
周りから見放されてもなお、自分の会社の社員のために、一人奮闘する赤松。
事故の原因を突き止めることができるのか。

ある意味、事故の被害者でもある赤松。
事故のおかげで、取引先からも銀行からも子供の通う小学校の親たちからも
周りの全てから信用をなくしてしまい、何もかもうまくいかなくなる。
最初の方はとても心苦しかったです。
しかし、ずっと赤松視点で行くのかと思いきや、ホープ自動車の販売部の沢田や
ホープ銀行の井崎、おもにこの3人の視点で展開される。
特に、沢田が出てきたときは、赤松の味方となってくれる人が現れたのかと思ったら
正反対でした。相手にもせずでした。でも、結局はこの人がキーでした。
被害者のことを思ってというわけではなく、自分のためにしたことなのが
大企業に勤める人なんだなと思いました。

フィクションと書いてあるけど、誰もが某自動車会社が数年前に起こした
リコール隠しの話だと書いています。
私は詳細を全然知らなかったので、調べてみたのですが、
同じような事件があったみたいですね。
しかもホープってそのままの意味らしいですね。
調べていたらご本人のHPまでも見つけてしまったのですが
そこにはフィクションだと堂々と書かれていましたね。
銀行に勤めていたということもあって、銀行の内々も描かれていて、
なかなか勉強になりました。
社会派の小説はあまり読まないのですが、久しぶりに読むのはいいですね。
最初の方はなかなかノリに読めず、1日で100ページにも満たなかったのですが
だんだん乗ってきて、あとは一気読みでした。
かなりオススメの作品です。
| あ行(その他の作家) | 22:49 | comments(4) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - |
私も直木賞の候補ということで、初めて読みました。
こういう風に面白い作品に出会えると、受賞してもしなくても何だか嬉しくなってしまいます。
| エビノート | 2007/09/08 12:02 AM |
>エビノートさん
候補になるだけでも、それだけいい作品ということですからね。
受賞しなくても、出会えてよかったと思います。
| Yuki | 2007/09/08 8:48 PM |
 自分のブログに「否が応でも某自動車会社のあの事件を思い出してしまう」と書いたんですが、知らない人もいたんですね。(^^;

 とにかく面白かった。以上!(^^
| higeru | 2008/10/24 1:14 AM |
>higeruさん
はい。。知らなかったです。
当時はすごいニュースになったのでしょうね。
覚えていないというのもあるかもしれません。
でも、この作品は本当に読んでよかったと思いました。
| Yuki | 2008/10/25 9:11 AM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/231
空飛ぶタイヤ  池井戸 潤
空飛ぶタイヤ 池井戸 潤  07−7 ★★★★☆  【空飛ぶタイヤ】 池井戸 潤 著  実業之日本社  《組織・企業に入るとどこかで世間という常識とが違ってくる》  内容(「BOOK」データベースより) トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/09/07 12:03 AM |
空飛ぶタイヤ 池井戸潤
運送会社のトレーラーのタイヤが脱落し、歩いていた親子を直撃。死傷事故に至ってしまった。 果たして、事故原因は運送会社の整備不良にあったのか? まだ記憶に新しい大手自動車会社のリコール隠し事件をモチーフとして、事件に携わった人々の苦悩に満ちた日々を描く
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/09/07 8:52 AM |
「空飛ぶタイヤ」池井戸潤
空飛ぶタイヤ 池井戸 潤 大型トレーラーのタイヤが突如外れ、歩道を歩いていた子連れの主婦を直撃した。大型トレーラーをを製造した会社の調査によれば所有していた運送会社の整備不良が事故の原因らしい。運送会社に業務上過失致死容疑の捜査が入る。トレーラー
| ナナメモ | 2007/09/07 9:35 PM |
空飛ぶタイヤ 〔池井戸潤〕
空飛ぶタイヤ池井戸 潤 実業之日本社 2006-09-15売り上げランキング : 2330おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。 タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも…
| まったり読書日記 | 2007/09/07 11:44 PM |
「空飛ぶタイヤ」池井戸潤
タイトル:空飛ぶタイヤ 著者  :池井戸潤 出版社 :実業之日本社 読書期間:2007/07/17 - 2007/07/20 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因
| AOCHAN-Blog | 2007/09/20 9:05 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。