読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 卵の緒/瀬尾まいこ | m a i n | 約束/石田衣良 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
塩の街/有川浩
評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-06)
Amazonランキング: 124705位
読書期間:2007/8/19

【電撃小説大賞〈大賞〉(第10回)】塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。2人の中で何かが変わり始めていた…。自衛隊三部作の陸自編。〔電撃文庫 2004年刊の改訂増補〕
有川作品の既刊本で未読なのがこの作品だけでした。
これで全て読んでしまったことになります。ちょっと淋しいです。
厳密に言えってしまえば、この「塩の街」の単行本は読んでいません。
どうも表紙から読む気が起きなくて、どうしようかと迷っていた所に
単行本化ということを知り、こちらを読もうと決意しました。
でも全て読んで、あとがきを読んでから、こちらを読んでよかったと思いました。
逆はあっても、単行本→文庫の順番はあまり読む必要はないかなぁと思います。

「塩の街」
遼一という青年が重い荷物を持って歩いているシーンから入る。
この人が主人公?そして途中で出会った少女、真奈が相手役?と思ったら
全然違いました…。
真奈は塩害が起きてから行く宛もない所に秋庭という青年に出会い
一緒に暮らしていた。
そこで出会った遼一や脱走囚のトモヤとの束の間の出来事を通して
二人の関係は徐々に変わり始まる。
そして、明らかに変わったのは、入江という秋庭の高校の同級生と再会してから。

この話は陸自の話ということは知っていたが、一体どこで?と思ってました。
話も後半部分あたりからようやく分かりました。
そしてここからは有川さんらしい作品となっていますね。
あっという間に本編終了したと思ったら、今回書き下ろしの続編がありました。

「旅のはじまり」
本編の直後、秋庭と真奈は西へ向かっていた。
そこでノブオと出会う。
ノブオと秋庭と真奈の少しの間の旅の話。
もうここまで来ると二人のラブラブぶりが発揮されていて、
もうにやにやしちゃいました。

「世界が変わる前と後」
本編に出てくる野坂夫妻の馴れ初め。
カフェオレから始まった出会いだった。
この夫婦もいいですね。あーいいなぁ、うらやましい。

「浅き夢見し」
入江が誘拐された。その誘拐先でのお嬢様との出来事。
まさか入江の恋の相手!?
いやぁ、あとがきでも有川さんが言ってましたが、なかなか難しいキャラですね。
でも憎めない人です。

「旅の終わり」
本編から2年後、伊丹から百里に勤務地が変わる。
その移動途中に寄った所は…。
相変わらずラブラブの二人。
これで完結したなという感じはしました。
まるでタイプでもなかった10歳も年下の人を好きになってしまった秋庭が
真奈のことを魔性の女と言ったのには笑いました。
| あ行(有川浩) | 23:39 | comments(4) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | - |
Yukiさんもこの作品で有川作品コンプリートされたんですね。同じでうれしいです。
私は文庫と単行本を続けて読んだのですが、書き下ろしの続編で二人がちゃんとラブラブになってて、微笑ましかったです。
野坂夫妻、うらやましいですよね〜。
次は図書館シリーズ完結編。楽しみで淋しくて複雑です。
| 藍色 | 2007/08/23 12:54 AM |
TBありがとうございました。
有川さんの作品、制覇されたんですね!
最初に読んだとき、私も遼一が主人公だと思ってました〜(^_^;)
そんな勘違いから始まった読書でしたが、秋庭と真奈の話、それだけじゃなく本編のあとのその後の話まで含めて楽しかったです。
| エビノート | 2007/08/23 4:55 PM |
こんばんは。
有川さんの作品、私は空を残すのみです。
だいぶ前から手元にあるのですがもったいなくてなかなか読めません(笑。
有川作品の甘々なシーンではいつもニヤリッとしてしまい、他人が見たら変な人に思われそうです。
| らぶほん | 2007/08/24 9:06 PM |
>藍色さん
あとがき読むと文庫版には単行本には描かれていないシーンがあるようで。
読み比べるのもいいですよね。
二人のラブラブぶりはもうさすが有川さんの作品だと思いました。
図書館シリーズの完結編は私も楽しみだけど淋しくて、複雑な気持ちです。

>エビノートさん
有川さんの作品は、読むともう止まらなくて、どんどん次を読みたくなってしまいました。
やっぱり遼一から始まると勘違いしますよね(笑)
ほんと、本編の後のその後の話も全て楽しめる作品でしたね。

>らぶほんさん
もったいない気持ち、すごく分かります!
私もこの作品が届いたときには、これで全部読んでしまうんだと思いましたから。
有川さんの作品は、一人で読むに限りますね(笑)
| Yuki | 2007/08/26 12:18 PM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/222
塩の街(文庫・単行本) 有川浩
電撃文庫版(左)イラストは昭次。単行本版(右)装丁・デザインは鎌部善彦。第10回電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞作。 正体不明の落下物で塩が世界を埋め尽くす塩害の時代へ。塩は着々と街を飲み込み人に伝染して塩化。社会を崩壊さ
| 粋な提案 | 2007/08/23 12:55 AM |
「塩の街」有川浩
塩の街有川 浩 (2007/06)メディアワークス この商品の詳細を見る 有川本で唯一買ったのがこれの文庫版。なのに単行本化なんて、気が悪いちゅうねん。 でもまあ、その後が追加されているし、実際には図書館で借りた訳だし
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/08/23 10:22 AM |
塩の街 =単行本= 〔有川 浩〕
塩の街有川 浩 メディアワークス 2007-06売り上げランキング : 963Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。 塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた―。 “自衛隊三部作”の『陸』にもあたる、有川浩の原点。 デ
| まったり読書日記 | 2007/08/23 4:36 PM |
「塩の街」有川浩
塩の街 有川 浩 ある日、突然空から降ってきた塩の結晶。そして人々は塩の結晶になってしまった。細々と機能する人間の生活。そんな崩壊寸前の東京で暮らす広瀬と真奈。そんな二人が関わる人たち。そしてその後の物語。 電撃文庫で出ているのは知っていたんで
| ナナメモ | 2007/08/23 10:04 PM |
「塩の街」有川浩
塩の街 おもしろかったです。期待通りの胸がきゅんとするようなラブロマでした。でも実は読み始めはなかなかのれなかったんです。たぶんそれは文庫版の表紙のイメージがあったから。あの表紙の少女は、ことさらに男の人の好きそうな若さと愛くるしさ、頼りなさを前面
| 本のある生活 | 2007/08/24 11:46 PM |
「塩の街」有川浩
タイトル:塩の街 著者  :有川浩 出版社 :メディアワークス 読書期間:2007/09/10 - 2007/09/11 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前
| AOCHAN-Blog | 2007/11/07 7:20 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。