読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館戦争/有川浩 | m a i n | 九月の恋と出会うまで/松尾由美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
図書館内乱/有川浩
評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2006-09-11)
Amazonランキング: 209位
読書期間:2007/6/20〜2007/6/23

武蔵野第一図書館の図書隊員・小牧が、耳の悪い少女に難聴者がヒロインの恋愛小説「レインツリーの国」を勧めたとの噂により、メディア良化委員会が検閲に抗う図書館を攻撃しはじめ…。「図書館戦争」に続くシリーズ第2弾。

『図書館戦争』に続いて読むことが出来ました。今回は『図書館内乱』ということもあって、内輪の話が多かったですね。

まずは、自分が戦闘職種であることを両親に明かしていない郁が、両親の図書館の訪問に四苦八苦する「両親攪乱作戦」。心配性の母親と堅物な父親が少し苦手な郁だが、周りの協力もあって、何とか危機を脱する。まぁ父親は気付いているのかもしれないですけどね。

そして小牧と幼馴染の毬江の話の「恋の障害」。小牧が聴覚障害のある毬江に『レインツリーの国』という本を薦めた。それが障害者への人権問題となり、小牧は査問会へ呼び出される。全くどうしてここで、こんなことになるんだと一人で憤っていたんですが、やっぱり恋する乙女は強いですね。毬江ちゃんに感心しました。最初の方は毬江語りなんだけど、同じ人に3回も失恋するって結構ショックだと思います。10歳も年上の相手となると、やっぱり子供の頃は相手にされないからね。8歳と18歳だったら無理かもしれないけど、18歳と28歳だったら無理なんかじゃない。少女から大人の女性になっていく幼馴染ってきっと男心をくすぶるんでしょうね(笑)

柴崎が主役となる「美女の微笑み」。図書館で朝比奈という男にランチに誘われる。回りの女子たちが騒ぎ立てる。その中には自分に気があるという男を好きな広瀬がいて、その広瀬の態度が気に食わない。美人は美人なりに大変な思いをして、恋愛ができないということもあるんですね。柴崎の過去から、今の柴崎があるんだなと分かりました。そんな柴崎が郁に惹かれるのも分かるような気がします。二人は是非ともいい友情で結ばれて欲しいものです。

手塚の兄との関係が分かる「兄と弟」。兄も良化委員会に疑問を持つが、日本図書館協会会長の父親とは意見が食い違う。そんな父と兄を見て育った手塚。そんな手塚のルームメイトの砂川が図書館のサイトに「一刀両断レビュー」を作り、それが問題となる。

最後は、今までの話が総括されたような「図書館の明日はどっちだ」。ここで郁が窮地に追いやられるが、それを助けるのはやっぱり堂上。もう堂上がかっこいいです。何度も頭をなでていて、そういうのはきっと乙女の心にくるんでしょうね。なんかもういいなぁこの二人って思ってしまいます。今までのちょっとした事件がこの章で全てが分かり、解決します。そして最後に郁が知った事実・・・。そしてTo be continued...て!!続きが気になって仕方がありません。早く順番が回ってこないかなぁ。
| あ行(有川浩) | 10:14 | comments(2) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 10:14 | - | - |
こんにちは。
手塚や柴崎の背景が語られたり、新キャラ慧が登場したり、ますます無自覚な甘々な会話を堂上と郁は交わしていたりと、とても楽しく読み終えました。
私も危機は予約中なので順番待ちです。
| らぶほん | 2007/07/09 6:18 PM |
>らぶほんさん
こんばんは。
戦争よりもより一層楽しめた内乱。
危機が本当に楽しみですよね。
本当に待ち遠しいです。
| Yuki | 2007/07/10 11:39 PM |









http://hibidoku.jugem.jp/trackback/193
アマゾン 出品
アマゾンについての記事です。アマゾンに出品するコツや口コミ情報。
| アマゾン、出品の代行 | 2007/06/24 3:01 PM |
「図書館内乱」有川浩
図書館内乱有川 浩 (2006/09/11)メディアワークス この商品の詳細を見る 「図書館戦争」より先にリアル図書館から順番が回ってきてしまい、焦っりまくった「内乱」なのだ。 ほんとに乱だった。 順番通りに読めて良かったー
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/06/24 4:31 PM |
『図書館内乱』有川浩
図書館内乱 有川浩/メディアワークス 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦隊図書レ
| ひなたでゆるり | 2007/06/24 5:18 PM |
「図書館内乱」有川浩
図書館内乱 期待通りのおもしろさでした!メディア良化委員会との戦いだった前回の「図書館戦争」から、今度は図書館内部の派閥の対立、まさに陰謀と心理戦の渦巻く内乱です。大きな組織になれば、一枚岩ってわけにはいきませんよね。読んでいて色んな考え方を提示し
| 本のある生活 | 2007/06/24 9:50 PM |
「図書館内乱」有川浩
図書館内乱 有川 浩 「図書館戦争」の続編。図書隊とメディア良化委員会の対立、図書館内での派閥の問題などを、主要メンバー一人ずつを主人公にした連続短編風に書いた物語。 待ってました!私の「乙女心」を刺激する「図書館戦争」の続編です。郁の両親が図
| ナナメモ | 2007/06/25 11:50 AM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。