読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館本 | m a i n | 図書館内乱/有川浩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
図書館戦争/有川浩
評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2006-02)
Amazonランキング: 400位
読書期間:2007/6/17〜2007/6/19

公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ! 正義の味方、図書館を駆ける!
たくさんの人が読んでいて、面白いとは聞いていたものの、内容はほとんど知らないまま読み始めました。予想していたのと全然違いました。「図書館戦争」というタイトルから、図書館で起こる戦争、つまりもっと子供の遊びのようなことだと思ってました。そうしたら、もう普通の戦争だし!まぁ有川さんの他の本を読んでいれば納得です。

最初は、昭和の終わりにメディア良化法が成立して、それに対抗して図書館法ができたという歴史の背景がなかなか理解できませんでした。昭和の次が正化で、しかも既に30年が経っている。全然違う世界の話でした。

主人公は笠原郁。新隊員で、その教育期間中、堂上教官からいつも怒られている。しかし、彼女の身体能力はかなり高い。その堂上教官は優秀だが、背が少し低い。郁のことをどうしても贔屓目に見てしまう。その理由は・・・郁が図書隊員に入るきっかけとなった出来事。郁が高校生の時に、自分が買おうとした本が良化隊員達の襲撃に遭い、没収されそうになった。それを助けたのが堂上だった。郁は堂上の顔など覚えていないが、憧れの王子様として、再会することを夢見ている。ここからどうやって発展するのかが楽しみですね。この「図書館戦争」だけ読むと、話がまだまだ続きそうで今後続いていくシリーズが楽しみで仕方ありません。

二人を取り巻く郁の同僚の柴崎、堂上の同僚の小牧、郁と同じタスクフォースに入った手塚等、登場人物もとても面白い。これからの二人に期待しつつ、次を読んでいこうと思います。

| あ行(有川浩) | 23:44 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - |
はじめまして。
このシリーズ、面白いですね。
有川浩さんは初読みだったので、私も内容を知らないまま読んで、思いっきり笑わせてもらいました。
登場人物がみんな個性的で良いですよね。
「〜内乱」までしか読んでいないのですが、続きが楽しみですね。
| ia. | 2007/06/24 10:11 PM |
初めまして!
有川さんの作品は噂に聞いてた通り、とても面白かったです。
登場人物みんななんか好きになれますよね。
私も内乱までしか読んでいないので
早く続きが読みたくて仕方ありません。
| Yuki | 2007/06/27 11:50 PM |









トラックバック機能は終了しました。
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争有川 浩 (2006/02)メディアワークス この商品の詳細を見る 公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化法」が施行された日本。 それに対抗するのは、図書館の自由を下敷きに作られた「図書館法
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/06/21 9:32 AM |
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争 有川 浩 昭和最終年度に公序良俗を見出し、人権を侵害する表現を取り締まる為に成立・施行された「メディア良化法」メディアの良化を目指し、公序力俗に反する書籍・映像作品・音楽作品などを任意で取り締まる。それに対抗する事を期待され成立したの
| ナナメモ | 2007/06/21 11:32 PM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。