読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--

<< 図書館本 | m a i n | 冷たい校舎の時は止まる (下)/辻村深月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
桜川ピクニック/川端裕人
評価:
川端 裕人
文藝春秋
¥ 1,300
(2007-03)
Amazonランキング: 412514位
読書期間:2007/6/10〜2007/6/11

パートナーが多忙の場合、余裕のある方が育児をするのが合理的。でも世間では男性の育児は少数派で…。悩むパパたちを描く育児小説。「青のウルトラマン」「前線」「うんてんしんとだっこひめ」ほか、全6編を収録。
図書館に行ったら、よくブログで見かける本だなと思ったので借りてみました。6つの子育てに奮闘するパパのお話。主夫とはいかないものの、奥さんはキャリアで稼ぎも自分よりも良いため、自分の仕事を制御して子育てをするパパ。子供は可愛いけども、悩みは色々ある。そんなパパ達の悩みと頑張る姿を描いた作品です。パパが主役だからか、奥さんが影が薄いというか、なんとも冷たい奥さんばかりだなと思いました。もっとお互い協力的でもいいのに。それなのに、子供はママが好きだんもんなー。ちょっと切なかったです。

「青のウルトラマン」
自分の子供の保育園で見かけた傷を負った子供。以前に、駅で母親に殴られていた子だ。仕事をしながら自分の子供を面倒見る中、その子の為になんとか使用と立ち上がる。
この話の最後は少し切なかったです。よかれと思ってやったことなのに、全てが裏目に出てしまった。

「前線」
紛争地帯の最前線で写真を撮っていた慎二は、自分の怪我と妻の心の病気のため、産休を取って子供の世話をする。電車で出会った女子高生。あの前線で出会った少女とは違うのか、それとも同じなのか。
何も考えていないかのように思える若者だけど、それなりにみんな考えて闘っているだなと思った。時代が闘い方を変えてしまったのかもしれない。

「うんてんしんとだっこひめ」
大地に妹ができた。お兄ちゃんになるために、お母さんに会いたくても我慢する。だから「うんてんしんとだっこひめ」が欲しいという。その場の状況を収めるために、買ってあげると約束した。約束したがいいけど、「うんてんしんとだっこひめ」とは何か。
この大地くんがとてもかわいい。まだまだ言葉の覚えたての2歳半の子が、必死にお兄ちゃんになろうとしている。なんだか微笑ましかったです。

「夜明け前」
保育園の交流会に参加したはいいが、母親達は飲んで喋っているのに、父親は何故か子守りばかり。それなら同じ境遇のパパ達だけで交流会をやろうと計画。妻も子供も居ない中、羽を伸ばそうとする。
女の私から見て、ちょっと「え?」と思うところはあったけども、やっぱり子供のことがかわいいパパたちは素敵です。まだまだ男だと思うけども、やっぱり1番は子供なのかなぁと思いました。

「おしり関係」
男と女の体のつくりについて疑問を持ち始めたリカ。何とか納得がいくように説明するが、なかなか納得してくれない。そこで男にも女にもみんなあるおしりに興味を引こうと、おしりの歌を作る。そんな中、痔ろうができて、おしりとは切っても切れない関係になってしまう。
なんか面白いですね。やっぱり子供というのはこういった体のつくりについても疑問を持ち始めて、それを上手く説明するのは大変なことだと思います。それをロックで楽しませるなんて、明るくていいなと思いました。

「親水公園ピクニック」
今まで出た人たちが総出演しています。上司からそろそろ仕事も本格的に再会してみないかと言われたが、まだ小学校に上がる前の子供をほったらかしにはできない。そこで悩む。
これはほのぼのとしていていいです。結局、子育てから離れられなくなってしまったわけだけど、それでよかったのかなと思います。

| か行(その他の作家) | 23:54 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
「桜川ピクニック」川端裕人
桜川ピクニック川端 裕人 (2007/03)文藝春秋 この商品の詳細を見る お父さんたちの短編集ですがそれぞれリンクしています。 「青のウルトラマン」 近所に虐待されているらしい子供がいる事に気付く、在宅勤務の川崎恵
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/06/12 9:31 AM |
桜川ピクニック 〔川端 裕人〕
桜川ピクニック川端 裕人 文藝春秋 2007-03売り上げランキング : 72648Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 日々の育児に葛藤を抱えていても子どもたちのあたたかな体温や柔らかな感性がカラカラの心を充たしていく。 父親の視点から育児の今をカラフルに描く傑
| まったり読書日記 | 2007/06/12 7:41 PM |
「桜川ピクニック」川端裕人
桜川ピクニック 川端 裕人 共働き、子供を保育園に預ける父親達のいろんな気持ちを描いた6つの短編集。 共働きのお父さんの喜びと悩みが描かれてました。在宅で仕事をしていたり、育児休暇を取ったり、希望して忙しくない部署に移動したりしながら、奥さん
| ナナメモ | 2007/06/12 9:03 PM |
『桜川ピクニック』川端裕人
桜川ピクニック 川端 裕人 2007/3/15発行 文藝春秋 P.220 ¥1,300 ★★★★★ 「子どもは社会の宝だ。あんただけのものじゃない」  自分でも驚いた。こんなこと考えたこともなかった。しかし、口をついて出てきた。自分が地球を守るウルト
| ほんだらけ | 2007/06/13 12:19 AM |
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。