読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本屋大賞2009
今年の本屋大賞が発表されました。

大賞『告白』湊かなえ(双葉社) 411点
2位『のぼうの城』和田竜(小学館) 328点
3位『ジョーカー・ゲーム』柳広司(角川書店) 243.5点
4位『テンペスト(上下)』池上永一(角川書店 228.5点
5位『ボックス!』百田尚樹(太田出版) 214.5点
6位『新世界より(上下)』貴志祐介(講談社) 207.5点
7位『出星前夜』飯嶋和一(小学館) 203.5点
8位『悼む人』天童荒太(文藝春秋) 203.5点
9位『流星の絆』東野圭吾(講談社)139点
10位『モダンタイムス』伊坂幸太郎(講談社) 135点

予想通りの結果となったのでしょうか。去年大賞受賞の伊坂さんや話題の東野さん、直木賞を取った『悼む人』は避けた形となったのでしょうか。

私は、大賞の『告白』含む、3冊しか読んだことありません・・・。積読は1冊、図書館予約中が1冊と言ったところです。残すのは文庫落ちになってからでもいいかなと思います。
| 本屋大賞 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
本屋大賞2008
待ちに待っていた本屋大賞発表の日。先ほど見て、伊坂さんの初受賞に思わず笑みがこぼれました。今まで2作品エントリーしていて、得票数が割れていてなかなか取れなかったですからね。まだ未読なのが残念な限り。積んだままなのがもったいない。図書館本が落ち着いたら読むぞ!

大賞 『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎(新潮社) 509.5点
2位 『サクリファイス』近藤史恵(新潮社) 312点
3位 『有頂天家族』森見登美彦(幻冬舎) 280.5点
4位 『悪人』吉田修一(朝日新聞社) 233.5点
5位 『映画篇』金城一紀(集英社) 227.5点
6位 『八日目の蝉』角田光代(中央公論新社) 225点
7位 『赤朽葉家の伝説』桜庭一樹(東京創元社) 213.5点
8位 『鹿男あをによし』万城目学(幻冬舎) 196.5点
9位 『私の男』桜庭一樹(文藝春秋) 129.5点
10位 『カシオペアの丘で』重松清(講談社) 126点

『ゴールデンスランバー』と『悪人』が今積んでます。そして『サクリファイス』がこの前図書館で予約して届いたばかりです。残り2冊はまた機会があればという感じです。でもここまできたら、全部読むべきでしょうか。
| 本屋大賞 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
本屋大賞2007
2007年の本屋大賞が決まりました。

大賞 『一瞬の風になれ』佐藤多佳子 475.5点
2位 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 455点
3位 『風が強く吹いている』三浦 しをん 247点
4位 『終末のフール』伊坂 幸太郎 228点
5位 『図書館戦争』有川 浩 176点
6位 『鴨川ホルモー』万城目 学 175点
7位 『ミーナの行進』小川 洋子 152.5点
8位 『陰日向に咲く』劇団ひとり 139点
9位 『失われた町』三崎 亜記 127.5点
10位 『名もなき毒』宮部 みゆき 89点

ほとんどが図書館予約中のものが多いです。まだまだ読めるまでに時間がかかりそうです。それかあとは文庫になったら、読もうと思っています。
| 本屋大賞 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
本屋大賞2006
楽しみにしていた本屋大賞が決まりました。

1位 『東京タワーオカンと僕と、時々、オトン』リリーフランキー/扶桑社 279点
2位 『サウスバウンド』 奥田英朗/角川書店 196.5点
3位 『死神の精度』 伊坂幸太郎/文藝春秋 190点
4位 『容疑者Xの献身』 東野圭吾/文藝春秋 184.5点
5位 『その日のまえに』 重松清/文藝春秋 179.5点
6位 『ナラタージュ』 島本理生/角川書店 162点
7位 『告白』 町田康/中央公論新社 152.5点
8位 『ベルカ、吠えないのか?』 古川日出男/文藝春秋 152点
9位 『県庁の星』 桂望実/小学館 141点
10位 『さくら』 西加奈子/小学館 135点
11位 『魔王』 伊坂幸太郎/講談社 103点

みなさん言ってますが、これから売りたい本のはずなのに今売れている「東京タワー」が1位ってどうなの?という感じですね。
私もだいぶ後になってから買って読みましたが(blogではまだ感想書いてませんが・・・)それでももう3ヶ月以上前の話です。
あと読んだのは「容疑者Xの献身」だけですね。この中では。
単行本は持ち運びに不便なので余り読まないので・・・。
文庫になったら買うかもしれません。
| 本屋大賞 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(5) |
本屋大賞2005
2005年の本屋大賞です。記録用です。

大賞 『夜のピクニック』恩田陸(新潮社)374点
2位 『明日の記憶』荻原浩(光文社)302点
3位 『家守綺譚』梨木香歩(新潮社)274点
4位 『袋小路の男』絲山秋子(講談社)185点
5位 『チルドレン』伊坂幸太郎(講談社)155点
6位 『対岸の彼女』角田光代(文藝春秋)153点
7位 『犯人に告ぐ』雫井脩介(双葉社)138点
8位 『黄金旅風』飯嶋一(小学館)102点
9位 『私が語りはじめた彼は』三浦しをん(新潮社)92点
10位 『そのときは彼によろしく』市川拓司(小学館) 74点
| 本屋大賞 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
本屋大賞2004
2004年の本屋大賞です。記録用に記載しておきます。

大賞 『博士の愛した数式』小川洋子(新潮社)202点
2位 『クライマーズ・ハイ』横山秀夫(文藝春秋)148点
3位 『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎(東京創元社)111点
4位 『永遠の出口』森絵都(集英社)109点
5位 『重力ピエロ』伊坂幸太郎(新潮社)99点
6位 『4TEEN』石田衣良(新潮社)76点
7位 『デッドエンドの思い出』よしもとばなな(文藝春秋)54点
8位 『終戦のローレライ』福井晴敏(講談社)51点
9位 『陰摩羅鬼の瑕』京極夏彦(講談社ノベルス)38点
10位 『ららら科學の子』矢作俊彦(文藝春秋)38点
| 本屋大賞 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

1/1PAGES

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。