読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
少女七竈と七人の可愛そうな大人/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
角川グループパブリッシング
¥ 540
(2009-03-25)
Amazonランキング: 36922位

JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/5/21〜2009/5/24

[文庫裏表紙より]
「たいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった」川村七竃は、群がる男達を軽蔑し、鉄道模型と幼馴染みの雪風だけを友として孤高の青春を送っていた。だが、可愛そうな大人たちは彼女を放っておいてくれない。実父を名乗る東堂、芸能マネージャーの梅木、そして出奔を繰り返す母の優奈―誰もが七竃に、抱えきれない何かを置いてゆく。そんな中、雪風と七竃の間柄にも変化が―雪の街旭川を舞台に繰り広げられる、痛切でやさしい愛の物語。


>>続きを読む
| さ行(桜庭一樹) | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet /桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
角川グループパブリッシング
¥ 500
(2009-02-25)
Amazonランキング: 13816位

JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/5/13〜2009/5/14

[文庫裏表紙より]
その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、お金という“実弾”を手にするべく、自衛官を志望していた。そんななぎさに、都会からの転校生、海野藻屑は何かと絡んでくる。嘘つきで残酷だが、どこか魅力的な藻屑となぎさは序々に親しくなっていく。だが、藻屑は日夜、父からの暴力に曝されており、ある日―。直木賞作家がおくる、切実な痛みに満ちた青春文学。
| さ行(桜庭一樹) | 23:35 | comments(0) | trackbacks(2) |
ファミリーポートレイト/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
講談社
¥ 1,785
(2008-11-21)
Amazonランキング: 35022位
JUGEMテーマ:健康


読書期間:2009/2/17〜2009/2/21

[講談社HPより]
恐るべき最高傑作!
直木賞受賞後初の書き下ろし長編1,000枚。

あなたとは、この世の果てまでいっしょよ。
呪いのように。親子、だもの。

ママの名前は、マコ。マコの娘は、コマコ。
すなわち、それがあたし。あなたの人生の脇役にふさわしい命名法。
『赤朽葉家の伝説』『私の男』――集大成となる家族の肖像(ファミリーポートレイト)!
| さ行(桜庭一樹) | 01:28 | comments(0) | trackbacks(3) |
推定少女/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
角川グループパブリッシング
¥ 620
(2008-10-25)
Amazonランキング: 18370位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/1/7〜2009/1/8

[文庫裏表紙より]
とある事情から逃亡者となった“ぼく”こと巣篭カナは、逃げ込んだダストシュートの中で全裸の美少女・白雪を発見する。黒く大きな銃を持ち、記憶喪失を自称する白雪と、疑いつつも彼女に惹かれるカナ。2人は街を抜け出し、東京・秋葉原を目指すが…直木賞作家のブレイク前夜に書かれた、清冽でファニーな成長小説。幻の未公開エンディング2本を同時収録。

| さ行(桜庭一樹) | 23:30 | comments(2) | trackbacks(1) |
荒野/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
文藝春秋
¥ 1,764
(2008-05-28)
Amazonランキング: 10543位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/8/16〜2008/8/17

[文藝春秋HPより]
山野内荒野、12歳。恋愛小説家の父と暮らす少女に、新しい家族がやってきた。“恋”とは、“好き”とは? 感動の直木賞受賞第一作
| さ行(桜庭一樹) | 00:45 | comments(4) | trackbacks(3) |
私の男/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
文藝春秋
¥ 1,550
(2007-10-30)
Amazonランキング: 7849位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/2/5〜2008/2/7

[BOOKデータベースより]
優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。
| さ行(桜庭一樹) | 10:23 | comments(0) | trackbacks(4) |
青年のための読書クラブ/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
新潮社
¥ 1,470
(2007-06)
Amazonランキング: 106223位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2007/12/21〜2007/12/23

山の手のお嬢様学校、聖マリアナ学園。異端者(アウトロー)が集う「読書クラブ」には、100年間語り継がれる秘密があった−。史上最強にアヴァンギャルドな“桜の園”の物語。『小説新潮』掲載に書下ろしを加え単行本化。
| さ行(桜庭一樹) | 14:19 | comments(0) | trackbacks(3) |
少女には向かない職業/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
東京創元社
¥ 1,470
(2005-09-22)
Amazonランキング: 81277位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2007/12/13

中学2年生の1年間で、あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した−。これは、ふたりの少女の、血の噴き出すような闘いの記録。痛切なストーリーが胸を抉る衝撃作。

| さ行(桜庭一樹) | 23:24 | comments(2) | trackbacks(5) |
赤朽葉家の伝説/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
東京創元社
¥ 1,785
(2006-12-28)
Amazonランキング: 45746位
読書期間:2007/10/13〜10/16

【日本推理作家協会賞(第60回)】千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の姿を比類ない筆致で鮮やかに描く。
>>続きを読む
| さ行(桜庭一樹) | 10:08 | comments(4) | trackbacks(5) |

1/1PAGES

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。