読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
龍神の雨/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
新潮社
¥ 1,680
(2009-05)
Amazonランキング: 12588位

JUGEMテーマ:読書



読書期間:2009/9/9〜2009/9/13

[新潮社HPより]
降りしきる雨よ、願わくば、僕らの罪のすべてを洗い流してくれ――。
すべては雨のせいだった。雨がすべてを狂わせた。血のつながらない親と暮らす二組の兄弟は、それぞれに悩みを抱え、死の疑惑と戦っていた。些細な勘違いと思い込みが、新たな悪意を引き寄せ、二組の兄弟を交錯させる。両親の死の真実はどこに? すべての疑念と罪を呑み込んで、いま未曾有の台風が訪れる。慟哭と贖罪の最新長編。


>>続きを読む
| ま行(道尾秀介) | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
鬼の跫音/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
角川グループパブリッシング
¥ 1,470
(2009-01-31)
Amazonランキング: 16270位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/4/18〜2009/4/19

[角川書店HPより]
鈴虫だけが知っている、過去の完全犯罪。蝶に導かれて赴いた村で起きた猟奇殺人事件。いま最も注目を集める新鋭・道尾秀介が満を持して送り出す、初の連作短編集!
| ま行(道尾秀介) | 23:54 | comments(2) | trackbacks(4) |
ソロモンの犬/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
文藝春秋
¥ 1,400
(2007-08)
Amazonランキング: 205308位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/1/12〜2009/1/13

[文藝春秋HPより]
さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。愛犬はなぜ暴走したのか? 飄然たるユーモアと痛切なアイロニー。青春ミステリー傑作
『シャドウ』で本格ミステリ大賞を受賞するなど、話題作をたてつづけに刊行している新鋭の最新作は、初夏を吹き抜ける一陣の涼風のような、ぶっちぎりの青春ミステリー小説になりました。
秋内たちクラスメイト4人は、大学で教わっている椎崎鏡子助教授のひとり息子・陽介君がトラックに撥ねられる瞬間に偶然、居あわせます。幼い友人は、なぜ死んだのか? 哀しみの中、議論を重ねる彼らに衝撃の結末が……。
誰もが誰かに恋していた、せつなく甘くほろ苦い学生時代。読んでいるうちにふと「青春」してみたくなる作品
| ま行(道尾秀介) | 13:31 | comments(0) | trackbacks(2) |
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
講談社
¥ 1,785
(2008-07-23)
Amazonランキング: 6626位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/9/29〜2008/10/1

[講談社HPより]
大丈夫。まだ間に合うから。
注目の道尾秀介 最新作!
「こうしてると、まるで家族みたいですよね」
“詐欺”を生業としている、したたかな中年2人組。ある日突然、彼らの生活に1人の少女が舞い込んだ。戸惑う2人。やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは!?
| ま行(道尾秀介) | 23:45 | comments(0) | trackbacks(5) |
骸の爪/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
幻冬舎
---
(2006-03)
Amazonランキング: 193785位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/7/20〜2008/7/21

[幻冬舎HPより]
ホラー作家の道尾は、取材先で闇に響きわたる不気味な声を聞くとともに、頭から_を垂れ流す仏像を目撃した。彼は霊現象探求所を営む友人・真備に相談し、真相の解明に乗り出すが……。
| ま行(道尾秀介) | 00:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
シャドウ/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
東京創元社
¥ 1,575
(2006-09-30)
Amazonランキング: 105978位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/5/29〜2008/5/30

[東京創元社HPより]
【第7回本格ミステリ大賞〈小説部門〉受賞】
人間は、死んだらどうなるの?――いなくなるのよ――いなくなって、どうなるの?――いなくなって、それだけなの――。その会話から3年後、凰介の母はこの世を去った。父の洋一郎と二人だけの暮らしが始まって数日後、幼馴染みの亜紀の母親が自殺を遂げる。夫の職場である医科大学の研究棟の屋上から飛び降りたのだ。そして亜紀が交通事故に遭い、洋一郎までもが……。父とのささやかな幸せを願う小学5年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは? 話題作『向日葵の咲かない夏』の俊英が新たに放つ巧緻な傑作!
| ま行(道尾秀介) | 23:49 | comments(2) | trackbacks(4) |
向日葵の咲かない夏/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
新潮社
¥ 1,680
(2005-11)
Amazonランキング: 236486位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/3/6

[BOOKデータベースより]
明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、彼が家の中で首を吊っているのを発見する。慌てて学校に戻り、先生が警察と一緒に駆け付けてみると、なぜか死体は消えていた。「嘘じゃない。確かに見たんだ!」混乱する僕の前に、今度はS君の生まれ変わりと称するモノが現れ、訴えた。―僕は、殺されたんだ。半信半疑のまま、僕と妹・ミカはS君に言われるままに、真相を探る調査を開始した。
| ま行(道尾秀介) | 00:18 | comments(0) | trackbacks(4) |
背の眼/道尾秀介
評価:
道尾 秀介
幻冬舎
¥ 600
(2007-10)
Amazonランキング: 96235位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/1/19〜2008/1/20

背の眼 下 (3) (幻冬舎文庫 み 11-2)背の眼 下 (3) (幻冬舎文庫 み 11-2)
道尾 秀介

幻冬舎 2007-10
売り上げランキング : 95821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読書期間:200/1/20〜200/1/21

児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。これは単なる偶然か?第5回ホラーサスペンス大賞受賞作。
>>続きを読む
| ま行(道尾秀介) | 00:39 | comments(0) | trackbacks(1) |

1/1PAGES

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。