読書についてあれこれ
記事に関係ないTBは削除させていただきます
 graphics by web*citron


--PROFILE--
--SELECTED ENTRIES--
--CATEGORIES--
--RECENT COMMENTS--
--RECENT TRACKBACK--
--ARCHIVES--
--LINKS--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン/小路幸也
評価:
小路 幸也
集英社
¥ 1,575
(2009-04)
Amazonランキング: 95038位

JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/8/24〜2009/8/29

[集英社HPより]
東京バンドワゴン、感動の番外編!
おなじみの幽霊おばあちゃん・サチの娘時代を終戦直後の東京を舞台に描く感動長編。国家の未来に関わる重要文書を託され身を追われるサチが堀田家に出会い、強く優しい仲間達に守られて奮闘する!
>>続きを読む
| さ行(小路幸也) | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロードアレイ・ミュージアム/小路幸也
評価:
小路 幸也
文藝春秋
¥ 1,650
(2009-03)
Amazonランキング: 274140位

JUGEMテーマ:読書
読書期間:2009/6/13〜2009/6/14

[朝日新聞社HPより]
ジャズとギャングの時代のニューヨーク。ブロードウェーから少し裏手にあるブロードアレイ・ミュージアムに、新人キュレーター、エディがやってきた。収蔵品はすばらしいが、入場者はほとんどいない。同僚は、男女とも一癖ありげだし、彼らが大切に接する少女フェイは、物に触れるだけで未来の悲劇を読み取る不思議な能力の持ち主。サッチモのコルネット、ラリックのガラス……今日もつい、触って固まってしまうフェイから悲劇の種を読み取り、皆が解決に走る。やがて、ミュージアムとエディの秘密も明らかに。「古き良き時代」の香りあふれる物語。
| さ行(小路幸也) | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
残される者たちへ/小路幸也
評価:
小路 幸也
小学館
¥ 1,575
(2008-12-18)
Amazonランキング: 268116位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/4/9〜2009/4/11

[小学館HPより]
この世界は、まだこうして美しいままにある

デザイン事務所を経営する川方準一のもとに、同窓会の通知が届く。準一の通った小学校の子供たちは、ほぼ全員が〈方野葉団地〉の子供だった。準一は、親友だったという押田明人に会場で声をかけられるが、彼のことを何も思い出せない。他の人間はすべて覚えているのに。悩む準一は、団地の幼なじみで精神科医の藤間美香に相談する。美香は、〈方野葉団地〉に住む中学生、芳野みつきの診療も行っていた。みつきは、自分を庇って死んだ母親の記憶を見るようになったという。記憶のずれと団地の存在に関係があると見た準一と美香は、団地の探索に乗り出した。二人は〈方野葉団地〉で、想像もしなかった“のこされるもの”に遭遇する…。
| さ行(小路幸也) | 22:15 | comments(0) | trackbacks(3) |
わたしとトムおじさん/小路幸也
評価:
小路 幸也
朝日新聞出版
¥ 1,680
(2009-01-20)
Amazonランキング: 259627位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/3/16〜2009/3/18

[朝日新聞出版HPより]
両親の別居をきっかけに、NYで暮らしていた小学六年生のニールセン・帆奈は懐かしい建物が集まる観光施設「明治たてもの村」で、祖父母と元ひきこもりの「トムおじさん」と暮らしている。「人と接すること」が苦手なおじさんとの日々を通して見えてくる人のつながりの温かさ。注目の作家が繊細に描く、不器用だけれど懸命に生きる人たちの物語。
| さ行(小路幸也) | 01:17 | comments(2) | trackbacks(3) |
ホームタウン/小路幸也
評価:
小路 幸也
幻冬舎
¥ 630
(2008-10)
Amazonランキング: 219618位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2009/2/15〜2009/2/16

[文庫裏表紙より]
札幌の百貨店で働く行島征人へ妹の木実から近く結婚するという手紙が届いた。両親が互いに殺し合った過去を持つ征人と木実は、家族を持つことを恐れていたにもかかわらず。結婚を素直に喜ぶ征人。だが結婚直前、妹と婚約者が失踪する。征人は二人を捜すため決して戻らなかった故郷に向かう…。家族の絆を鮮烈に描く傑作青春ロードノベル。
| さ行(小路幸也) | 01:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
空へ向かう花/小路幸也
評価:
小路 幸也
講談社
¥ 1,575
(2008-09-26)
Amazonランキング: 108109位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/11/3〜2008/11/5

[講談社HPより]
「どうしようもないことって、起こるんだって、わたしは知ってるから」
『東京バンドワゴン』の著者書き下ろし長編!新たな感動!

ハルとカホは違う小学校に通う、6年生。接点などなかったふたりが、運命のいたずらによって引き寄せられる。心に傷を負った少年、少女、そして彼らを見守る大人たち。それぞれが懸命に、前を向いて歩いていく――。
第29回 メフィスト賞作家、胸を突く長編力作!
| さ行(小路幸也) | 22:52 | comments(2) | trackbacks(4) |
うたうひと/小路幸也
評価:
小路 幸也
祥伝社
¥ 1,680
(2008-07-23)
Amazonランキング: 188044位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/10/5〜2008/10/6

[祥伝社HPより]
誰にでもその人だけの歌(ストーリー)がある

恋人に、友達に、きっと伝えたくなる7つのやさしい物語
『東京バンドワゴン』の著者が描く珠玉の短編集!

ギターが泣いている。最初にそう言ったのは誰なのか今となってはわからない。
奴がチョーキングすると音が泣き出すんだ。
あなたのギターを聴いているとわけもなく涙が流れてきます。
雨の中を歩けば、誰にも知られずに泣くことができる。
お前のギターがまさにそれだ。
weeping in the rain.
俺の代名詞になった。
それなのに。
………………………(――「クラプトンの涙」より)
| さ行(小路幸也) | 11:02 | comments(2) | trackbacks(4) |
21twenty one/小路幸也
評価:
小路 幸也
幻冬舎
¥ 1,575
(2008-06)
Amazonランキング: 142241位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/8/25〜2008/8/27

[幻冬舎HPより]
僕たちは特別な絆で結ばれていると信じていた仲間だった。でも、なぜ僕たちに何も告げず、彼は死を自ら選んだのか?込み上げる思いをどうすればいい……。生きる意味が心に沁みる感動作!
| さ行(小路幸也) | 00:08 | comments(0) | trackbacks(4) |
スタンド・バイ・ミー―東京バンドワゴン/小路幸也
評価:
小路 幸也
集英社
¥ 1,575
(2008-04)
Amazonランキング: 7707位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/6/13〜2008/6/15

[集英社HPより]
大人気の東京バンドワゴンシリーズ第3弾!
古本屋を営む平成の大家族が、古本と共に持ち込まれる事件の数々を家訓に従い解決する、涙と笑いのラブ&ピース物語。今回は、あの昭和のスターが愛のために奔走する!?
| さ行(小路幸也) | 23:17 | comments(2) | trackbacks(4) |
高く遠く空へ歌ううた/小路幸也
評価:
小路 幸也
講談社
¥ 560
(2008-02-15)
Amazonランキング: 170606位
JUGEMテーマ:読書


読書期間:2008/6/3〜2008/6/4

[文庫裏表紙より]
港に霧が出た夜には「赤眼の魔犬」が現れ、次の日には必ず人が死ぬ―。高くて広い空に囲まれた町で暮らす、少年・ギーガン。また見つけてしまった10人目の死体。現場には革ジャンの男が現れ、「犬笛」の歌声が聞こえてくる。父さんはなぜ自殺したのだろう。謎の糸が少しずつ解けていく優しいミステリー。

>>続きを読む
| さ行(小路幸也) | 23:47 | comments(0) | trackbacks(2) |

1/2PAGES >>

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
--NOW READING--
Yukiの今読んでる本
--リンク集--
にほんブログ村 本ブログへ
↑クリックお願いします。

↑参加してます。

↑本好きのためのSNSです。

Yukiさんの読書メーター
↑読了本の一覧です。

--My blog list--
--gremz--


あわせて読みたい



with Ajax Amazon
--OTHERS--
--RECOMMEND--
天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
薬丸 岳
ミステリーとしても面白く、伏線がやがて1つの線に繋がっていくのが圧巻だった。
夜の光
夜の光 (JUGEMレビュー »)
坂木 司
大人と闘う4人の高校生。その4人の距離間がとても好きでした。
別冊 図書館戦争〈2〉
別冊 図書館戦争〈2〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
気になっていた手塚と柴崎のその後が描かれていました。色々あったけど、結末には満足です。
うたうひと
うたうひと (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
どの作品にも愛が溢れていました。泣ける話ばかりです。
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
ドキドキワクワク、そしてたくさんの伏線。何度も読み返してみる価値あり。
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
南の島に移住してからが面白い!
別冊 図書館戦争〈1〉
別冊 図書館戦争〈1〉 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
ベタ甘につき、ベタ甘が苦手な人は読まない方がいいと思います。
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発 (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
この兄弟は全く違う性格だけどどちらも憎めない。温かい家族の話です。
阪急電車
阪急電車 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
阪急今津線で繰り広げられる様々な物語。書き方が上手い!
鹿男あをによし
鹿男あをによし (JUGEMレビュー »)
万城目 学
奈良に行きたくなりました。
図書館革命
図書館革命 (JUGEMレビュー »)
有川 浩
図書館シリーズもついに完結。今回も甘々です。